1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

すぐ使えるのが嬉しいガスコンロ。燃料の種類からコスト・用途で選びました!

2016/9/26 - キャンプマスターへの道キャンプ , 初心者 , ド素人 , キャンプ飯 , 選び方 , バーベキュー , BBQ , スキレット , 楽天 , 楽天市場

キャンプ泊の翌朝、
美味しいコーヒーが飲みたいね。

 

 

 

そんな会話を嫁はんとしていました。

 

 

 

でも現状、
わざわざコーヒーの為に朝から炭起こす?

 

 

チェックアウトの撤収の時に、
焚火台が熱い状態も色々と面倒だなぁ~というお悩み。

 

 

 

初めてのキャンプと時は、
焚火台と、家庭用のカセットコンロを持っていきましたが、

 

 

カセットコンロの場合、
屋外使用の場合の最大の敵は、

 

 

 

 

ですね。

 

 

 

前回は、調理中はほぼ無風だったので問題ありませんでしたが、

ここは大事なポイントだと思います。

 

 

なにより、
ビジュアル的にもこだわりたい(笑)

 

 
2口あれば、より幅広い調理が出来るよね!

 

 

と自分達に言い聞かせ、

 

 

2バーナータイプを購入しよう!ということに。

 

 

 

 

買うと決まったはいいけど、

燃料として、3種類あるようです。

 

 

 

OD缶(ガス)

 

アウトドアでガスコンロ使うならコレ!というイメージですね。

 

家庭用カセットガスとの違いは、寒さに強いということ。
冬場のキャンプでも安心して使えるようですが、
燃料としてはコストが高い。

 

 

 

CB缶(ガス)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ユニフレーム UNIFLAME バーナー/ツインバーナー US-1900/610305 【UNI-BRNR】
価格:19800円(税込、送料無料) (2016/9/26時点)

 

冬場になると家庭でも鍋をする時に出すカセットコンロと
同サイズのものが使えますので、ランニングコスト的には経済的。
デメリットは、寒さに弱く寒冷使用だと火力が弱くなる。

 

 

 

ホワイトガソリン

 

火力が強く寒さにも強い。更に燃料も安い!
けど、ポンピング(加圧した空気で 燃料を送り出す)が必要で、
色々と面倒そうなイメージ。

 

 

 

それぞれ、一長一短のイメージ。

 

 

 

そんな中で、自分達が選んだのは

 

 

CB缶

 

 

でした。

 

 

 

なんといっても、簡単そう

 

 

 

使い慣れたガス缶だし、

ガス缶は消耗品なので、ランニングコストが安いのは嬉しい。

 

 

 

CB缶タイプのツインバーナーというと、
先述したユニフレームのツインバーナーですが、

 

 

 

個人的には、
シルバーの感じがあまり好きではない。

 

 

 

他にないのかなーと調べていたら、

ひとめぼれ。(*´Д`*)

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SOTO 新富士バーナー ハイパワー2バーナー st−525
価格:12800円(税込、送料無料) (2016/9/26時点)


SOTO 新富士バーナー ハイパワー2バーナー st−525

 

 

なんかこう、黒。

 

 

武骨な感じ

 

 

 

%e7%b4%a0%e6%95%b5%e3%82%84%e3%82%93

素敵やん?

 

 

 

嫁はんも意外と「いいね!」と承諾してくれたので、
こちらをポチりました☆

 

 

なんと9月26日現在でも、
最安値12,800円(税込・送料無料)

 

しかもポイント10倍でした

 

 

 

CB缶は、寒さが心配されますが、

 

 

ここは九州!!

 

 

 

火力が落ちるほど寒くなるのかな?という印象

 

・・・すみません、素人なもんで(^^;

 

 

 

もしも、使っていて不便に感じるレベルだったら、

 

 

ソト(SOTO) パワーブースター ST-553

というものがあり、

 

st-553_1

バーナーの熱を利用して、CB缶を温めて液化ガスの気化を
促進させることで火力を安定させられるらしいです。
1個のブースターで2本のボンベを同時に温めることが可能とのことなので、

 

様子を見て、必要なら購入しようと思います

 

 

 

これで、キッチン周りはある程度、
構想が固まってきたので、本当に次のキャンプが楽しみです(^^)v

 

 

▼ブログランキング参加しました!よかったら応援して下さい(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 









コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です