1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

キャンプ最大の敵は雨じゃなく風だった。風向きを考慮したテント設営が大事。

2016/10/16 - キャンプマスターへの道キャンプ , 初心者 , ド素人 , snow peak , 雨対策 , アメニティドームM , , タープ , 設営 , 風対策 , 強風

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

10月8~10日に2泊3日での宮崎キャンプが2回目でした。

 

1回目も雨が降り、
この時は、2m角のワンタッチテントだったので、
雨が降り出したら、雨からギアを守るスペースが足りずに、

 

 

殆どのギアを車の中に撤去することになったり、
テントとタープが独立していたので、
雨に濡れながらテントに入る、という課題がありました。

 

 

 

なので、今回のキャンプも事前に1日目と2日目が
雨とわかっていたのでタープを購入し、
テントの入り口部分にタープを被せて雨対策はバッチリ

 

dsc_0159

 

 

 

まだ2回目なのに、結構俺らいい感じじゃない?

 

 

 

なんて調子に乗っていました。

 

 

 

しかし、そんなK助家に

 

 

 

素人が調子乗んな( ゚Д゚)ゴルァ!!

 

 

 

と言わんばかりに自然様の洗礼が。

 

 

 

強風

 

 

 

全く持って想定外の強風。

 

 

 

 

突発的とかじゃなくて、もうエンドレス強風。

 

 

 

なんぞ、これ。

 

 

台風??(;´Д`)

 

 

 

ただでさえ、強い風で他のキャンパーさん達も苦戦している中、

私達は素人ゆえの過ちを犯していることに気付かずに、

 

 

 

自然様(強風)に真っ向から挑むド素人

 

161016-01

 

 

 

という無謀な構図に。((((;゚Д゚))))

 

 

 

そして、ちょうど夜ご飯を食べている時ですよ。

 

 

 

絶え間なく吹き荒れる強風に、揺れに揺れるタープ。

 

 

その強風の前に、下の赤線のサイドポールが力尽き、
サイドポール倒壊。

 

dsc_0157a

 

 

ちょうど、サイドポール側に自分と嫁はんが座っていて、

 

 

 

一瞬でタープが覆いかぶさってきたので、

手で押さえながら、テーブルの上のランタンが倒れているものなんかを起こして、

タープの修正に。

 

 

 

サイドポールを外して、角度を変えて風の負担が軽くなるようにセッティング!

 

 

 

このセッティングに変えたことで、
ある程度の風は大丈夫になりましたが、

 

 

 

そもそも風向きが変わった訳ではないので、
変わらず吹き荒れる強風。

 

161016-02

 

 

 

強風レベルMAXの時は、
この状態でタープの幕で背中が押される押される(笑)

 

 

 

HAHAHAッ!
今日は風の奴がご機嫌ナナメだね~!

 

 

 

なんて笑い飛ばしながら、ゆっくり食事を楽しむ余裕なんて、

素人の私達には皆無。

 

 

 

結局、バーベキューの肉を食べる分だけバタバタ焼いて、

必要最低限のものはアメニティードームの前室に移動し、

車の中にギアを移動し、タープ撤収。

 

 

 

 

まぁ、惨敗ですよ。

 

 

%e7%ac%91%e3%81%88%e3%82%88%e3%83%99%e3%82%b8%e3%83%bc%e3%82%bf

 

 

 

(´・ω・`)

 

 

 

このままじゃダメだ。レベルアップせねば・・・

 

なにが悪かったんだ・・・

 

 

 

素人なりに色々と調べた風対策をまとめました。

 

 

 

▼テントの出入り口は、風下へ


 

出入り口が風上にある場合、出入口を閉めている場合は、
ドームテントなどは風が逃げていく仕様で作られているので、
余程の強風でない限り大丈夫だとは思いますが、

 

下のド素人の場合、前室を開けている状態だと

 

161016-01

 

やぁ、風さん。いらっしゃい(⌒∇⌒) 

 

 

状態で、とても危険ですね。

 

 

タープを撤収した後にトイレに行き、他のキャンパーさん達のテント設営をみたら、
揺れに揺れているテントも多かったですが、中には微動だにしていないテントもあり、
風が当り易い当りにくいの場所のコンディションもありますが、
風の影響が少ないテントは、

 

 

やはり、出入り口を風下にセットされていました。

 

 

 

そして、その熟練したスキルで恐らく、
風が当りにくい場所を事前に選んでいたんだろうと思います。

 

※この日は、3連休ですが初日は天気も悪いことが事前にわかっていたので、
キャンパーさん達の数も少なかったので、場所を指定しやすかった

 

 

 

 

▼タープの向きも重要だが、
強風の時は撤収する判断も必要


 

タープのメインポールに平行した向きで風が抜けるように設営する。

 

下のド素人が悪い例ですね。

もろに風がぶつかる方向でのセッティング。

 

161016-02

 

 

こうやって、風向きに平行してメインポールを立てると、タープの幕に対して風が掛かる負担も軽減されますね

 

161016-03

 

いくら、風向きの対策をとっていても、オープンタープはやはり風の影響が大きいです。

 

 

 

もしも、

タープが崩れて幕が破れちゃったりしたら?

 

 

 

もしも、

タープが吹っ飛んでペグが抜けて、
他所のキャンパーさん達を怪我させてしまったら?

 

 

考えるだけでも恐ろしいです。

 

 

面倒ではありますが、タープなんて撤去しても、
風が収まった時にまた設営すればいいだけの話です。

 

常に最悪のパターンを想定しての判断も必要になるかと思います。

 

 

 

 

▼突風はいつくるかもわからないので、
きちんとペグを打ちましょう!


 

突風なんて、いつやってくるかわかりません。

 

今日は静かな夜だね

 

 

なんて

 

%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%8c%e6%ad%a2%e3%81%be%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84

 

ロマンティックが止まらない夜でも、

 

 

 

たった一発の突風

 

 

 

招かれざる客はいつやってくるかもわかりません。

 

 

テントやタープが吹っ飛んだり、
倒壊したりと
損害が出たら、
数万から数十万規模の被害になっちゃいます。

 

 

 

そこにロマンチックなんてものはありませんよ。

 

 

 

阿鼻叫喚。地獄絵図。

 

 

そうならないためにも、きちんと対策しておきたいですね。

 

 

幸いにも、うちは今回、

 

速やかにタープの撤収、
撤収したタープのペグとガイロープで、
テントの張り網を増設して更なる風対策を行いました。

 

 

これで無事で済みましたが、本当にシャレにならん強風でした。

 

 

 

 

▼ペグは鋳造製のものがオススメ


 

アメニティドームMを買った時に、ペグは付属のものでは心配だったので、

ペグも色々と調べていたら、

やはり鋳造製がなんやかんやで安心!

 

 

 

ということで、
スノーピークのソリッドステークを購入していました。

 

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af

 

今回、タープを増やしたことで、追加で買おうと思ったけど、
タープをサイドポールを立てて設営しようとなると、
メインポール2本、サイドポール4本で、それぞれに2本ペグダウンすると、

12本は必要になる。

 

 

ということで、
スノーピーク製だとやっぱり値段が結構いっちゃうので、

 

 

他の鋳造製ペグがどんなもんか試してみたいこともあり、

15本セットの鋳造製のペグを購入しました。

 

161016-04 161016-05

 

20cmの15本入りで3,480円(税込)だったので、

1本あたり233円くらい。

 

 

 

使ってみた感想としては、
抜群にソリッドステークが使いやすい。

 

 

 

芝生サイトなので、
ペグダウンする時は対して違いはわかりませんが、

 

 

 

ペグを抜く時の抜き易さが全然違う!!

 

 

 

ソリッドステークの場合、
こうやってテコの原理で抜きやすい。

 

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af2

 

 

そして、買ったやつは差し込んでいく部分が丸っこい感じですが、

ソリッドステークはちょっと角ばっている感じ?

 

 

 

よくわかりませんが、

打つ時はしっかり固定されているとけど
抜く時は抜きやすい!

 

 

 

楽天とかなら、同じ20cmタイプが1本345円くらいなので、

次回からは、ソリッドステークだな。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク(snow peak) ペグ ソリッドステーク20 R-102
価格:345円(税込、送料別) (2016/10/16時点)

 

 

 

 

 

▼風向きが変わったら、
自分達も柔軟に対策をとる余裕が必要


 

正直、風対策なんて風向きが変わればキリがないと思います。

 

特に、連泊の場合は前日と風向きが変わることもあると思うので、
可能であれば、環境に応じてテントやタープの配置変更も必要かと思います。

 

 

どうしても、シャレにならない場合は、

 

・キャンプ場に事情を説明し、風の影響が少ないサイトに移動させてもらう

・テントを撤去し、コテージやバンガローが空いていたら移動させてもらう

・キャンプを中止し、帰る

 

 

 

という判断も必要になるかと思います。

意地を張って大事になったら大変なので、早めの判断が必要ですね。

 

 

 

今回のキャンプで、初心者なんで

 

雨やだな~雨降ったらテント設営面倒だな~

 

 

とか、雨のことばかりしか考えていませんでしたが実際、

 

 

雨よりもやっかいなのは風だな、と痛感しました。

 

 

この苦い思い出が、

「昔は俺も青かったze!」なんてニヒルに笑い飛ばせる日が来る日を願って・・・

 

 

ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、どちらもクリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 









コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です