1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

秋キャンプ!初心者が気を付けたい「服装選び」あれこれ

2016/10/23 - キャンプマスターへの道, ファッションキャンプ , 初心者 , ド素人 , 選び方 , ファッション , 服装

どうも、キャンプ初心者のK助です。

 

今年8月のくっそ暑いシーズンからスタートした
私のキャンプLife。

 

 

自分も最初気になったんですが、
明太野郎な自分はさておき、

 

 

 

オシャンティーな人は必ず気になる問題

 

 

 

それが

 

 

 

キャンプ先でのファッションって皆どんな感じなの?

 

 

という疑問。

 

 

 

 

カジュアルな格好なの?

スポーティーな感じなの?

アウトドアなめてんの?って感じで登山家っぽい恰好なの?

 

 

家族で行くなら、そう気にならないかも知れないけど、

 

 

学生さんとかカップル何組かでグループキャンプの時とかに
・・・1人だけ浮くのは嫌

 

ってことありますよね(笑)

 

 

 

張りきり過ぎもNG。
異性ウケを狙い過ぎても反感を買う

 

 

 

など、たかがファッション。
されどファッションっていう感じはありますよね。

 

 

 

 

▼夏のキャンプデビュー。K助家がとった決断


 

まぁ、別に他人の目げな、どうでもよかろうもん。

 

ってことで、普通にカジュアルな

 

トップス:Tシャツ
ボトムス:デニム
靴:スニーカー

 

で行ってきました

 

 

 

周りをみても、特に普段着と変わらない感じで、

 

 

基本的に
動きやすいラフな感じ。

 

 

基本的に、カジュアルとかスポーツ系でいいのかなと思いました。

 

 

 

 

▼実際にキャンプに行ってみて思ったこと


 

オシャレも大事ですが、それも踏まえて実用的な部分で気になる事が多かったです。

そんなキャンプ初心者が気付いたことをまとめてみました。

 

 

①サンダルやスリッポン系ならテントの出入りが楽

219eb990f10ea75dc7793579d1f6fd40_s

 

特にハイカットだったりブーツ系だと紐があったり、
簡単に脱いだり履いたりできなかったりと
テントの出入りの際の靴の脱ぎ履きが本当に面倒です。

 

 

お風呂に入った後に素足で靴を履きたくないし、
サンダルを持っていくと楽ですね。

 

秋・冬はクロッグサンダルとかだと楽だし、
暖かいかなと思います。

 

 

 

まぁ、私はでも家の近所とかなら余裕で
雪駄かサンダルですがね(笑)

 

1c6e83125ad90d5b4ba9fbd7527f656e_s

 

 

靴と別にサンダル持っていくのがダルイ・・・
なんて面倒くさがりな人は、スリッポン一つでいいかも知れません。

 

 

 

 

②服、特に上着は多めに持っていく


 

キャンプの時にテント設営の時や遊んでいる時、
BBQしている時にタレがこぼれたりなど、
予期せぬトラブルで服が汚れてしまうことも想定して、

 

特に不慣れな初日は、
多少汚れてもいい服を着ていくことをオススメします。

 

 

秋でも9月10月とかだと、
昼間はまだ暑いので、中は半袖Tシャツ。
朝夜は脱ぎ着しやすいパーカー系とかウィンドブレーカーとか
があるといいかなと思います。

 

 

 

 

 

③キャンプの夜・朝は寒い!
寝る時に暖かいアイテムの備えを


 

キャンプ場があるところ、というと山が多いかと思います。

普段、ビルの立ち並ぶ都心部で生活している人間にとって、

 

 

山の昼と朝夜の寒暖差
は、かなり感じるものがあると思います。

 

 

 

折角のキャンプの夜なのに、

 

 

くっそ寒っ!マジ無理!!

 

 

とか言って、
テントの中に引きこもりしては勿体ないです。

 

 

 

焚火を囲みながら、お酒やコーヒーを楽しんだり、

 

 

夜空を見上げて星空を楽しんだりできるのも

 

161022-01

 

 

キャンプの贅沢な時間使い方だと思います

 

 

 

 

いつからだろう?

 

都会の喧騒にもまれ、
下ばかり見て生活してしまっていたのは・・・

 

 

 

なんて、ちょっと病んでいる方も、
晴れなら、夜空を見てみたら、感動すると思います

 

 

そんな時に暖かいフリースの服やポンチョ、
ブランケットなどあるといいかな、と思いました。

 

 

 

 

④BBQの炭や焚き火の「火の粉」による服の穴あきに注意


 

キャンプなどアウトドア飯の定番と言えば「BBQ」

 

 

そんなシーンで、

 

お気に入りの服やブランド服などを着て
折角気分よく食事をしていても
パチッ
と舞った火の粉の着地点が
アナタの服の上だったとしたら?
((((;゜Д゜)))
一気にテンション下がりまくりですね(;´Д`)

 

 

 

化学繊維100%(ポリエステル、ナイロン系)の服は、
特に火の粉で溶けて穴が開きやすいので、
どうしても服装に妥協できないというオシャレさんは、

 

 

 

コットンやウールの天然素材の服でコーデしておけば、
火の粉が舞ってきても、すぐに燃えないのでパッと払えば大丈夫です。

 

 

秋キャンプは、夏に比べて「虫対策」という部分は、
夏ほどデリケートにならなくていいかな、と思います。

 

 

 

 

キャンプ場でのファッション。

 

 

 

正直、自分が気にしてるほど

 

 

 

誰も自分達のことなんか見てないから
服装なんて自己満足でしかない

 

 

 

っていう感覚ですが、

 

 

やっぱりオシャレも楽しみたいですよね!

 

 

 

オーバーオールとかで家族コーデして楽しんだりもいいですし、
とにかく、

 

 

・動きやすい服装

・汚れてもいい服装

・昼と朝夜の寒暖差に対応する服装

・火の粉が飛んできてもいい服装

 

 

に対応して、なおかつオシャンティー

な服選びが出来ればベストですね

 

 

 

言うは易し、行うは難し

 

 

とはまさにこのことですがね~(笑)

 

 

ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、どちらもクリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 

 









コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です