1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

LEDランタンの「1000ルーメン」はメインランタンとして使える明るさなの?

2016/10/27 - キャンプマスターへの道キャンプ , 初心者 , ド素人 , コールマン , COLEMAN , 選び方 , LEDランタン , 明るさ , ケルビン , ルーメン

どうも、キャンプ素人もとい、
本当は燃料系ランタンが欲しいキャンプド素人のK助です。

 

昨日の日記で圧倒的な敗北の報告をしたのですが、

(過去記事:コールマンのミレニアLEDキャンプサイトランタンGETだぜ!

 

 

新しくK助一家の仲間入りしてくれた
コールマンの「ミレニア」ちゃん。

 

161026-04

 

大事に使っていきたいと思います

 

 

 

今回、子供の安全の為にLEDランタン!ということで、
購入する時に気になった事は、

 

 

 

LEDランタンの光量で
メインランタンとして使えるのか?

 

 

 

という疑問でした。

 

 

 

LEDランタンでいうと、

 

 

今、販売されているLEDランタンで

最も明るいのは1000lm(ルーメン)だと思います。

 

 

 

いま、1000ルーメンのLEDランタンというと、
この3つかなと思います。

 

 

コールマン:ミレニアLEDキャンプサイトランタン

ジェントス:LEDランタン EX-1000C

ジェントス:LEDランタン EX-000R

 

 

 

 

コールマンは皆さん聞いた事ある名前だと思いますが、

 

ジェントスに関しては、「初耳」という方も
中にはおられるかと思います(自分がそうでしたw)が、

 

 

LEDランタンといえばジェントス!

 

 

と言われている程のメーカーなので、
品質は間違いないと思います。

 

 

 

 

それぞれ、用途に応じて一長一短あるかと思いますが、

 

 

今回、ミレニアちゃんを購入したので、
ミレニアちゃんで1000ルーメンがどれぐらいの明るさか検証してみます。

 

 

 

早く検証したくて、
少し暗くなってきた時間帯の階段でチェック(笑)

 

 

 

点灯前(リフレクター無し)

161027-01
まずは、リフレクター無しの状態で点灯してみます。

161027-02

写真ではいまいち伝わりませんが、明るい!
正直、想像以上の明るさです。

 

 

 

次に、付属のリフレクターを付けてみます。

161027-03

 

このリフレクターをつけることで、全方位を照らしていた光を、
リフレクターの鏡面の役目で
前方向120度ぐらい?に集中
させることが出来ます。

 

 

前にたつと更に明るさを感じます!

 

 

 

実際に使ってみて、
暗く感じたらリフレクターで自分達に向けた明るさをアップしたり、
ガイロープで点灯しないようにサイト全体を照らしたい時は
リフレクター無し、なんて使い方が出来そうです。

 

 

 

 

夜になって、もう一度検証してみました。

 

 

 

電気をつけていないガーデンルームでチェック。

161027-05

 

暗くて何も見えない状況です。

 

 

 

まずはリフレクター無しの状態で点灯。

 

 

 

taiyouken

 

 

 

 

161027-06

 

 

かなり明るいです。

 

 

 

正直、光源を直視できないくらいの眩しさです。

 

taiyouken2

 

 

 

 

次に、リフレクターをつけてみました。

161027-07

 

先ほどと違って、光の広がり方が変わり、
前方向の光の当たり方が大きくなってるので、

 

 

 

光を散らさず集中させて前を照らしてるよ

 

感がひしひしと伝わってきます。

 

 

 

 

写真では伝えきれないですが、

 

 

 

1000ルーメンの明るさというのは、
かなり明るい!

 

 

 

今回のLEDランタンの購入までにあたり、
数軒で店員さんに聞いてみましたが、いずれも

 

 

メインランタンとしていけるか?
との質問に、

 

 

 

燃料系に比べると明るさは劣る

 

という回答ばかりでした。

 

 

 

確かに、そうなんでしょうが、
自分も躍起になって明るさを追求していたけど、

 

 

 

そもそも、
そんなに明るさって必要なのか?

 

 

 

本末転倒なことも考えてしまいました(笑)

 

 

 

 

ある程度の明るさがあれば、
そこまで不便はないだろうし、

 

 

 

 

逆に、
日常に比べて、不便なことも含めて楽しむのがキャンプ

 

 

だと自分は思っています。

 

 

 

 

その中で、
「ある程度の明るさ」という定義に、

 

 

この1000ルーメンという明るさは
十分すぎる明るさが確保できると思います。

 

 

実際にキャンプ先で使用していないので何とも言えませんが、

コールマンのミレニアの紹介画像のイメージを見ても、かなり明るい。

161027-04

 

今回、光の強さをMAXでの検証でしたが、

High、Medium、Lowと3段階あるので、

 

 

 

使用する環境に応じてリフレクターもあるし、

ある程度調整できるかと思います

 

 

ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、どちらもクリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 









コメント

  1. ビギナーパパ より:

    こんばんは!私も手持ちのメインランタンが暗いと感じたのでもう少し明るいランタンが欲しくて探し回りました。結果としてランタンではなくてクリップライトを購入しました。室内での作業に使うやつです。電源サイトでしか使えない代物でランタンではありませんが、明るさは申し分ないです。価格も安かったので。実際キャンプで使ってみましたが上々でしたよ。邪道ですけどね。(笑)

    • K助 より:

      コメントありがとうございます!(☆0☆)

      いままで家でバーベキューする時に使ってたセンサーライトを持っていっていたんですが、今回自分が壊してしまい、買い直ししました(笑)

      電源使えるライトは明るいし安いしでいいことづくめなんですよね!
      ただ、来シーズンに向けて、電源無しでもいける環境をつくりたくて今回はメインランタンを電源なしに挑戦してみました(^^)v

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です