1. ホーム > 
  2.  初心者オススメのキャンプ場 >
  3.  福岡県

福岡県の竜岩自然の家の休憩棟宿泊。気になっていたキャンプ場も偵察!

2016/10/31 - 福岡県, ファミリーキャンプ日記キャンプ , 初心者 , ド素人 , 福岡県 , ロッジ , コテージ , 休憩棟 , ログハウス , 筑紫野市 , 竜岩自然の家

どうも、キャンプ初心者のK助です。

 

子供の合宿で福岡県筑紫野市の「竜岩自然の家」へ。

(住所:福岡県筑紫野市柚須原373−1)

 

 

 

夕方から嫁はんと交代して子供達の面倒を見ることに
なっていたのですが、

 

嫁はんからヘルプ電話が!

 

 

 

嫁はん:
薪ってまだあったよね?
薪が足りんらしいけん、持ってきてくれん?

 

 

 

K助:
了解( ̄- ̄)ゞラジャ!

 

 

 

この流れに対応できるのは、
薪ストーブ所有の富裕層か、キャンパーぐらいだと思います(笑)

 

 

 

向こうで「薪が足りない!」という緊迫した事態に

 

 

 

嫁はん:
うちに薪あると思いますよ。

 

 

 

と名乗りを上げたので、

 

 

 

「薪あると?(笑)めっちゃ金持ちやないと?」

 

 

 

という疑惑が((((;゜Д゜)))

 

 

 

そう、前者の「薪ストーブがある富裕層」と思われたようです。

 

 

 

ただのキャンプ素人なだけなのに(笑)

 

 

 

ということで、予想よりも早く現地へ行くことに。

 

 

 

お酒も各自飲む分持ってきていいですよ、
ってことで酒のアテに「岩本商店」の赤鶏たたきを購入。

 

161031-01

 

 

 

いざ、現地到着すると、
子供達の姿は既になく(もうログハウスの中)、
保護者達が食事している所でした。

 

 

 

とりあえず、子供達も自分達の子供以外名前が殆どわからんし、
更に保護者の方も誰が誰だかわからない状態で、

 

 

 

保護者の方:
薪ありがとうございました!
どうぞお肉を!

 

 

 

ということで物々交換みたいな感じで

 

 

 

今日は肉の日(29日)ですよ!

 

 

ということでお肉にもありつけて大満足。
なんかよくわからないので酒を飲み続け肉を喰らうクソ素人。

 

 

 

嫁はん:
ひととおり食べたら、
あのお父さんがずっとお肉焼き続けようけん

交代したがいいっちゃない?

 

 

 

私も何か人の役に立ちたい・・・
肉をひたすら焼き続けるお父さんに近寄る素人。

 

 

 

K助:
肉焼くの、変わりますよ!

 

 

 

お父さん:
大丈夫ですよ!
私、こういうの大好きなんですよ!(⌒∇⌒)ニコッ

 

 

 

眩しい笑顔。
食い下がる素人。

 

 

 

K助:
きつくなったらいつでも変わりますんで、
言ってくださいね!

飲まれてますか?お酒持ってきましょうか?

 

 

 

お父さん:
大丈夫です!ありがとうございます!
私は泊まらないんで運転ありますので・・・
帰ってから、これをツマミにやりますんで!(⌒∇⌒)ニコッ

 

 

 

つけいる無し(笑)

 

 

 

爽やかな笑顔に、
人の役に立てず空回りのしょぼくれ素人(笑)

 

 

 

もう飲もう・・・むしろ飲むしかない(笑)

 

 

 

その後に嫁はんや宿泊しない保護者の方が帰っていき、

一息つく間もなく子供達をシャワー室に誘導。

 

 

 

プレイドームという体育館のような施設で、
クライミングウォール(ボルダリング)が出来るようです。

 

161031-02 161031-03

 

 

シャワー室はこんな感じで、
男女2つずつあり、5分100円。

 

161031-04

 

施設内に何か所かあるようです。

※ここが一番新しいので綺麗だと思います。

 

 

 

この建物も出来たばかりのようで凄く綺麗。

 

 

 

子供達がシャワーを浴びたら、
延々と続くまくら投げ。

 

 

 

男親は自分だけであとは先生と保護者のおじいちゃん、
あとはママさん達という布陣。

 

 

 

色々な用意や子供の世話で疲れ切ったママさん達は早々と就寝。

 

 

 

特に親睦を深めるチャンスもなく、
孤立する素人(泣)

 

 

 

そして酒は既に尽きている(笑)

 

 

 

ママさんに頂いたクリアアサヒを飲んで、
延々と続くまくら投げで埃っぽい空間でハウスダスト全開。

 

 

 

さっさ寝ろ!うるさいったい!!( ゚д゚ #)

 

 

 

とキレ散らかしたいところですが、
事前に頂いていたプリントに「うるさい、寝なさい」は
極力言わないようにお願いします。

 

 

 

と書いてあるし、
実際に誰も言わないので我慢我慢・・・。

 

 

 

朝は6時から火起こし役があり、
昨晩は全く役に立たずに食べて飲んだだけやし、
男手は少ない。

 

 

 

ここが俺のポジションやね。

 

 

 

ここで役に立たねば・・・

 

そう誓い、寝ました(笑)

 

 

 

子供達が掛け布団を独占しまくり、
自分に残ったのは、うっすい毛布。

 

 

くそ寒くて5時に起き、
6時までには早すぎるし、なんとか寝ようとしましたが、
結局寝れずに5時半には起きて、炊事棟へ。

 

 

 

驚く事に既にママさんが一人起きて何やら用意をしてる(笑)

 

 

 

簡単に挨拶し、火起こし開始。

 

 

 

SOTOのポケトーチを持っていっていたので、
ちゃっちゃっと着火。

 

161014-02

 

 

 

6時に起きて来たママさん達が
既に火がついていることに喜びの感じ。(よかったw)

 

 

 

コーヒーを淹れてもらい、
焚火で2つ目も火起こしし、一息をつくの図。

 

161031-05
焚火で暖かいし、手にはコーヒー。

贅沢ですねぇ(*´∀`*)

 

 

 

長男が子供達の中で1番に起きてきて、
「焚火のお手伝いしたい!」いうことで手伝ってくれました

 

 

 

夜中までまくら投げして疲れていたのか、
子供達の殆どが全く起きてこない(笑)

 

 

 

8時頃にようやく起きてきて朝食。
朝食後は9時から練習開始。

 

 

 

食事後の片づけはママさん達が手際よく終わらせてくれていたので、
出番なく暇なので、お散歩。

 

161031-06

今回、泊まった休憩棟です。

 

 

 

161031-07

「大根地」という休憩棟でした。

 

 

 

161031-08

休憩棟はA、B、Cの3区画に分けて、一区画当たりとして使用も可能とのこと。
一区画当たりの宿泊定員は12人。

 

 

 

161031-09

階段登って2階。ここもかなり広いです。

 

 

 

161031-10

毛布も1人200円で借りられます。

 

 

 

161031-11

入口入ってすぐに冷蔵庫が2個ありました。

(この写真の反対側に同サイズのものがあと1個ありました)

 

 

 

161031-11a

ログハウス出て、すぐ隣にトイレがありました。キレイでしたよ

 

 

 

161031-12

休憩棟「大根地」から降りてすぐに川があります。
ここは入場無料なので、夏場は多くの人が遊びにきます。
奥に見える建物はプレイドームです。

 

 

 

161031-13

川の人気スポット。
子供の頃は東区の奈多の堤防からジャンプ(ビル3階くらいの高さ?)していたので、
ショボすぎるけど、子供達はビビりまくりながら飛んでます(笑)

 

 

 

キャンプ場を視察


 

先ほどの飛び込みの所の奥にあります。
テントサイトは事前申し込みが必要なので立ち入り禁止ですが、

 

161031-24

 

管理の方がいたので、ダメなのに入っていく素人(笑)

 

 

 

キャンプ場のことを聞きたいのですが入っていいですか?
と事後報告スタイルで更に厚かましくも、少しお話を聞いてみました。

 

 

 

テントサイト

161031-14

電源はないが、手前のポールが電灯だし、目の前は炊事棟が明るいので、
ランタンなどなくても明るいですよ、とのこと。

 

 

 

テントの持込みは禁止していて、
レンタルのものを利用してください、とのこと。

 

161031-23

▲レンタルのテント

 

 

 

161031-16

テントサイトの真ん前が炊事棟。
青いカゴに鍋や包丁、まないたなど炊飯用具セットがついて、

 

 

テント泊は、テントレンタル・炊飯セット付
1,540円
とのこと。

(テントは5,6人用)

 

 

 

テント持ってないけど、キャンプしてみたい!
という人にはテントレンタル込なのでかなり安いですね(^^)b

 

 

 

161031-15

炊事棟の横にトイレもあります。

 

 

 

161031-17

宿泊サイトの奥にデイキャンプ用のエリアが。
夏場は、こちらも宿泊用として貸出していて、とにかく利用客が多いとのこと。

 

 

全体で20サイトって言ってたかな?
うろ覚えですみません

 

 

 

暇だったので、色々と散策(笑)

 

 

 

161031-18

宿泊した休憩棟「大根地」から上に上がれる階段が。

 

 

 

161031-19

もう一つの休憩棟「宝満」がありました。

 

更に上にいくと、ログハウスが何棟かあるようでしたが利用客がいたので写真撮るのも気分を害したらいけないので、自粛しました(笑)

 

 

 

161031-21

遅くなったけど、施設マップですね。
駐車場から止めてすぐに管理棟があります。

 

 

 

161031-20

これが管理棟です。この中にもシャワーがありました。

多分、ここでリアカーを借りれるので、ログハウスまでの運搬ができます。

 

 

 

161031-22

いままで川遊びしかしにきたことなかったので知らなかったし、
知ろうともしてなかったですが、  竜岩自然の家がある場所は、もともと「龍岩小学校」があったようです。

 

 

1982年に筑紫野市立吉木小学校へ統合し、閉校したようです。
調べても全然情報が無いですが、龍岩小学校を卒業された方のブログを拝見するに

 

 

 

1950年の児童数68名。閉校する1年前の1981年の児童数14名。

 

 

 

確かに、場所的に通学時間も掛かりそうな場所だし、
車通りも多く危なそう

 

 

 

いつから、この「竜岩自然の家」が出来たのかは情報が得られませんでしたが、
施設内のものは結構キレイでした。

 

 

施設利用の料金などは、市の公式情報を参照下さい。

http://www.city.chikushino.fukuoka.jp/kyouikubu/shogai-gakushuka/suishin/shisetsu/tatsuiwa_2_2.html

 

 

ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、どちらもクリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 









コメント

  1. こんにちは♪
    例のあの日の出来事ですね。
    (^_^;

    肉焼きに徹していたお父さんも居場所探しで同じ心境だったのでしょうかw
    親同士の懇親会があったらよかったですね。
    先日お話しした学童キャンプでは、子供は9時に強制就寝。
    実際寝静まるのは10時ですが…。
    その後はナイトクラブと称し、パパ、ママの懇親会をやっていました。
    ツイッターのつぶやき固定トップのキャンプファイヤーはその時のものです。
    (^^

    • K助 より:

      わーっ!コメントありがとうございます(☆0☆)
      そうです。あの日の出来事です(笑)

      確かに、「肉焼きパパ」と別に「焚火パパ」が無言でひたっすらやってて、話す相手がいなくて途中で帰るから酒も飲めないし、居場所がなく徹していたのかも知れないですね!(笑)

      先生が、凄く優しい方でこういう時に子供を思いっきり遊ばせてあげましょう、的なスタンスだったので日付変わっても騒いでましたね(笑)

      本来なら、子供のターン21時迄、21時から親のターンって感じですよね!
      嫁はん曰く、グループLINEで先生が「親御さん達と全くコミュニケーションがとれなくてすみませんでした!」と反省があったようです(^^;

      寂しいのはあったけど、素晴らしい方なのでそんな優しい人に教わる機会があって子供達にとってはいい1日になったと思います(笑)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です