1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

焚き火の簡単な薪割り(バトニング)やフェザースティックができるナイフがほしーの

2016/12/27 - キャンプマスターへの道, その他キャンプ , 初心者 , ド素人 , 選び方 , 焚き火 , ナイフ , フェザースティック , バトニング , 薪割り , ブッシュクラフト

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

キャンプをはじめると、欲しい物が尽きない!
という方が多いと思います(笑)

 

 

 

ファミリーキャンパーの父ちゃんの立場としては、
キャンプギアを購入する時の予算として

 

 

 

・家計から予算が降りる物
・自分の小遣いで買わないとダメな物

 

 

 

に分かれるかな、と思います。

 

 

 

当然、そうなってくると

 

 

 

K助:
ナイフがほしーの!(`・ω・´)シャキーン

 

 

 

嫁はん:
自分のお小遣いで買えば?(*⌒▽⌒*)ニコッ

 

 

 

っていう感じになってしまう家庭も多いと思います

 

 

 

かっこいいナイフが欲しい

 

 

 

という願望は、
俗にいう「男のロマン」であって、

 

 

 

それは自分の小遣いで大いに楽しんでくれ

 

 

 

そういうことですね、わかります。

 

 

 

ということで、
予算は限られています。

 

 

 

それに、まだナイフについて

 

 

 

・どんなメーカーがあるのか
・どんな種類があるのか
・どんな扱い方をすればいいのか

 

 

 

など、ナイフがなんたるかを理解していない状態で、
いきなり高価なナイフを買うのは正直、怖い感があるので、
ファーストナイフは5000円以内で買おうかな、と思います。

 

 

 

今回のナイフ購入にあたり、やりたい事は

 

 

 

主に焚き火で使用する

 

 

 

事を想定しています。

 

 

 

焚き火で使用する時というと、
自分の場合、まだまだ焚き火も初心者なので、

 

 

 

キャンプ場などで買う薪を使用しているので、
ガッツリと本格的に斧が必要なレベルではなく、

 

 

 

ナイフで

 

 

 

簡単な薪割り(バトニング)


出典:BE-PAL

バトニングとは、
ナイフを他の木材で叩き込み、押し込んでいって 割るという方法。

 

 

 

 

フェザースティック


出典:GORILLAS

フェザースティックは、
「薪」の表面をナイフで薄く削り出して着火しやすくするための加工。

 

 

 

そして、このフェザースティックをライターなどを使わず、
ファイヤースターターで着火させてみたい!

 

 

 

という、
あえて文明の利器に頼らない方法

 

 

 

 

そう!

 

 

 

ブッシュクラフト

 

 

 

的なね。

 

 

 

ブッシュクラフトとは、

 

 

シンプルな装備で自然を楽しむという考え方で、
「文明の力」をなるべく持ち込まずに、自然の中の物で対応する。
ブッシュ(茂み)とクラフト(工作)を組み合わせた造語で、
自然の中の素材のみを使って自然の中で生きる知恵を身につける
アウトドアスタイルの一種と言われています。

 

 

 

 

便利になり過ぎている現代社会。

 

 

 

文明の利器に頼り過ぎていては、
もしも何かあった時に、何も出来ない

 

 

 

ライターないよ~。

 

 

 

こういうのも男の子なら一度はやったことある人、多いと思うけど
火を起こせた試しがないよ~。

 

 

 

では、家族を守れないと思うので、
生きる術を学んでおいて損はないかな、と思っています。

 

 

 

 

K助:
やけん、ナイフ買っていいやろ?(笑)

 

 

 

嫁はん:
自分のお小遣いでお願イシャス。(*⌒▽⌒*)ニコッ

 

 

 

別のタイミングで、
1月がわたくし、誕生日なのですが、
服をすでに嫁はんからプレゼントで買ってもらってて、
まだ何か買ってくれる、ということだったので、

 

 

 

K助:
じゃあ、ナイフ欲しいなぁ~。

 

 

 

嫁はん:
ナイフは自分のお小遣いでお願イシャス。(*⌒▽⌒*)ニコッ

 

 

 

K助:
ですよね。(´・ω・`) ショボーン

 

 

 

ということで、
やはり自腹で購入ということで、

 

 

 

予算5千円以内で探していて気になってるやつ。

 

 

 

 

老舗ナイフブランド、シュレード製のアウトドアナイフ。
ブレードの根元を両側からハンドル材で固定するフルタング構造で、丈夫な作りになっています。

 

ブレード部分には1095ハイカーボン銅を使用し、刃の硬度をアップ。
グリップ部分には指にフィットする窪みがついており、使用中に滑りにくくなっています。グリップ底にはストラップを通す紐が付属、紛失防止に役立ちます。

 

ナイフを収納するポリエステル製のケースはベルクロテープで
ベルトに固定できるようになっており、腰に下げて移動するのに便利。
ケース表側の小さなポケットには砥石とファイヤースターターが付属しています。

 

 

 

という商品説明で、
レビューを見ても自分がやりたい用途で評価もよさげだし、

 

 

 

砥石とファイヤースターターが付いている

 

 

 

ってのもポイント高いですね

 

 

 

これを自分で自分の誕生日プレゼントにしようかと思います(笑)

 

 

 

ナイフの取り扱いは、銃刀法や軽犯罪法が絡んでくるので、
正しく使うようにしましょう。

 

 

 

以前に、それについて投稿してるので、よかったら見てくださいね!

 

 

過去記事:
アウトドアナイフで気を付けたい銃刀法・軽犯罪法えとせとら

 

 

「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 









コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です