1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

初心者でも冬キャンプ出来ちゃう!キャンプブームの理由も納得の今時キャンプ事情

2017/2/3 - キャンプマスターへの道キャンプ , 初心者 , ド素人 , オートキャンプ場 , 冬キャンプ , 理由 , キャンプブーム

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

当初は、寒がりな嫁はんから

 

 

 

嫁はん:
冬はオフシーズンね。(´・ω・`) 

 

 

 

と非常な宣告を受け、
冬キャンプは諦めムードだったK助家ですが、
なんやかんやで、

 

 

 

普通に月1ペースで行ってます(笑)

 

 

 

 

K助って、どの程度のキャンパーレベルなの?


2016年8月15日がファーストキャンプ。
なので、もう少しで

 

 

 

キャンプ歴半年(2017年2月時点)

 

 

通算キャンプ数5回というビギナー中のビギナー。

 

 

 

人は私をこう呼びます。

 

 

 

 

クソ素人と。

※実際の人に、初対面で呼ばれたらキレると思いますのでご注意をw

 

 

 

そんな経験も知識も乏しいクソ素人が、

 

 

 

サバイバーな環境で、生きていけるの?

 

 

 
キャンプと言うと、
行った事ない人はかなり過酷な環境を想像する人も多いようです。

 

 

 

facebookなんかでも、冬キャンプ行った時のこと書いたりすると
リアル友人や知人の反応は、

 

 

 

もはや変人扱い(笑)

 

 

 

自分も半年前は、「変人さんだ!」の側の人間でしたが、
キャンプブームと言われる昨今、

 

 

 

キャンプ場も高規格化が進み、
非常に快適かとです

 

 

 

 

初心者キャンパーがビックリした今時のキャンプ場事情


 

電源があるところが多い

無料写真素材なら【写真AC】

 

 

これはデカイ。
というか、自分みたいに小さい子供がいるファミリーキャンパーなら
冬場は、電源付サイト利用を推奨しますね。
家にある暖房器具を持ち込むことで暖かいキャンプが可能です。
(キャンプ場によって使用できる電気容量が違うので、要確認です)

 

 

 

 

車が横付けできる

無料写真素材なら【写真AC】

 

 

これもデカイ。
いわゆる「オートキャンプ場」と呼ばれるものが増えています。
キャンプ道具って凄い積載量になります。
自分の場合、特に全て雨キャンプなので、荷物の出し入れに車が横付けできるってのはありがたいことです。

 

 

 

 

芝生サイトが多い

 

オートキャンプ場の多くは、芝生サイトです。
若干、斜面があるところも多ですが、
大抵はフラットになっているので初心者でも楽にテントを立てられます。

 

 

 

 

トイレが綺麗なところが多い

 

キャンプ場のトイレって、虫もいっぱいいたり、
きったないイメージ(オイw)でしたが、全然キレイ!

 

これは、事前にホームページなんかでチェックして、
キレイなところを選んでいるのもあるんですが、
そういった理由でキャンプ場側もトイレを清潔にするということを
意識しているところが多いのではないかと思います。

 

 

 

 

お湯が出る炊事場もある

冬場の洗い物に嬉しいですね。
これはキャンプ場選びの必須条件ではないですが、
これがあることで特に女性陣の采配具合も変わる大きなポイントではありますね。

 

 

 

 

温泉設備があるところもある

シャワーだけのキャンプ場も勿論多いですが、
ここ九州では、特に大分県や熊本県など、
キャンプ場近隣とかじゃなくても、キャンプ場内に温泉があるなんてところもあります。

 

実際、もともと乗り気ではなかったキャンプですが、
自分も調べていくうちに

 

 

 

これなら、いけるやん!

 

 

と思いました(笑)

 

 

 

 

あとは、それ以外の理由としては、

 

 

 

 

インターネット・スマホの普及も後押しに?


キャンプについての情報はネット検索!

無料写真素材なら【写真AC】

 

いままで、キャンプをはじめる時は本を買う、とか
すでに行っている人に教えてもらう、というやり方から、
ちょっとスマホでググってみるわ。でOKな時代に。

 

大体の疑問点は、身近にキャンプマスターがいなくても、
ネットにいるキャンプマスターから情報収集ができる大変ありがたい時代に。

 

 

 

 

動画で、よりわかり易く

例えば、テントやタープのやり方なんかも、
自分は説明書読むの苦手なんで読まないんですが、
こういった適当な人間も、動画は凄くわかり易い(笑)

 

 

 

 

スマホで気軽に写真が撮れる

オシャンティーな人とキャンプというコラボが素敵picを生み、
「インスタ映え」するオシャンティーな写真が世に溢れます。
見るだけで凄く勉強になるし、モチベーションも上がります。

 

 

 

 

ガチキャンパーさんからすると

 

 

 

ぬるい、ぬるすぎる

 

 

 

と思われるかも知れませんが、

 

 

 

 

人間誰しも最初は、初心者

 

 

 

ここからハマり、エキスパートになっていく過程があるので、
ゆるい初心者キャンパーもマナーを守る真面目な人間は
暖かく見守ってくださいね

 

 

「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 









コメント

  1. さとぴ より:

    いいじゃないですか、ぬるぬる万歳!!!
    つーか、キャンプに行けるということだけで羨ましいですよ。

    • K助 より:

      ファミキャンは、特に三男坊ちゃんが小さいうちは、ぬるぬる快適キャンプを目指し、
      ソロキャンデビューの際は、修行僧のように環境をより過酷にしていきたいと思ってます(笑)
      キャンプも家族みんなの予定と合わせるとなかなかスケジュール合わせるの難しいですよね(^^;

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です