1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

夏キャンプの虫対策をランタンでちょっと真剣に考えてみました。

2017/7/5 - キャンプマスターへの道, 先人達に学ぶ裏ワザキャンプ , 初心者 , ド素人 , コールマン , COLEMAN , ランタン , 虫対策

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

去年8月のキャンプデビューから11ヵ月。
もう少しで1年となります。

 

 

 

初キャンプは8月15日のお盆明けのタイミング。
初めて行ったのは標高1000mのキャンプ場だったので、
思ったよりも虫は少なかった、という印象でした。

 

 

 

でも、今度のキャンプは7月15~17日。

 

 

 

福岡も博多祇園山笠の追い山が終わり、
梅雨も明けてるでしょうし、

 

 

 

つまり!

 

 

 

夏本番、夏真っ只中のキャンプ!!

 

 

 

ということで、
様々な虫さん達が群雄割拠する、
完全アウェーでのキャンプ((((;゜Д゜)))

 

 

 

となります。
まぁ、自然の中に人間が入っていくということで、
極力、無益な殺生は控えたいところ。

 

 

 

今回は、夜になってきて明るいところにやってくる虫さん達、
特に蛾に対する不快感を出来るだけ抑えたいな、ということで
虫の習性から対策を考えようと思います。

 

 

 

 

虫は光に集まってくる


ここで、細かいウンチクをさも知っているようにネットで収集してコピペすることは
簡単ですが、私はしません。あえてね。
ということで、「虫は光に集まってくる」という事を前提に勝手に話を進めていきます。

 

 

 

 

一番明るい光に寄ってくるとですよ


夜、キャンプで調理している時や、家族楽しく食事をしている時に、
蛾という、招かれざる客が突然やってきたら、嫌ですよね。

 

 

 

これは、リビングスペースにメインランタンがあれば必ず、
その一番明るい光源に向かって、虫が寄ってくるから

 

 

 

になりますね。

 

 

 

 

セオリー的には、一番明るいランタンを虫用に用意する


 

 

リビングスペースで使用するランタンよりも、
もっと明るいランタンを虫用に離れたところに設置することで、

 

 

 

虫がそっちに集まるようになるので、
NO虫!という環境は難しいと思いますが、劇的に少なくなるものと思います。

 

 

 

 

気を付けたいのが、ランタンの熱源問題


我が家の、メインランタンはコールマンの286Aちゃん。

 

 

 

コールマンの286Aなどのホワイトガソリンを熱源とするものは、
ホワイトガソリン。

 

 

 

ガソリンランタンにあげられるデメリットとしては、
ポンピングが面倒という方も多いかと思います。(自分は好きですがw)

 

 

 

一時間に一回くらいの頻度でポンピングをしてあげないと、
ランタンが消えてしまうので酒が回ってくると、ちと面倒になります。

 

 

 

そして、夏場は虫が寄ってきているランタンに近づく必要もありますね(;´Д`)

 

 

 

ということから、メインランタンである、
ガソリンランタン系は近い場所にあるのが理想的かなと考えています。

 

 

 

 

遠くに置いても手間にならずに、明るいランタンを探そう!


なんか無理難題を言っている感ありますが、これが叶えばどれだけ楽なことか!!
ということで、

 

 

ポンピング不要で明るい熱源といえば、
クソ素人の自分の限られた引き出しの中では、ガスランタンしか思い浮かばない!!

 

 

 

ガスランタンは、

 

 

 

・光量が一定でない
・寒冷地や冬は光量が落ちる

 

 

 

というデメリットがあるものの、
使いたいのは、夏!問題無し!!

 

 

 

明るいガスランタンと言えば思い浮かぶのは、

 

 

 

コールマン 2500ノーススター

 

 

 

コールマンで統一するのもありですが、
気になるアイテムがあります。
それは、

 

 

 

SOTO ST-233

 

 

 

これは、コールマンの286Aが130W相当に対し、
200W相当の明るさということで、かなり明るい!!

 

 

 

他にも気になるメリットとして、

 

 

 

・CB缶(カセットボンベ)を使うタイプ

・虫が寄りにくい仕様になっている

・パワーブースター標準装備でドロップダウンを防げる

 

 

 

という所に惹かれています

 

 

 

まず、CB缶は手に入り易いのが最大のメリットですね!
純正品の使用が推奨されてますが、安物でどれだけ明るさが違うのが気になるところですが

 

 

 

次に、虫が寄りにくいホヤということで、
波長の長いオレンジ色をサイトに向けることで、更に虫が寄りにくくなりそう!

 

 

 

最後にガス系の弱点である、ドロップダウンを防ぐ、
パワーブースターが標準装備されている
というポイントはデカいですよね

 

 

 

ガス系は使用していると冷えて気化されにくく火力が落ちてしまう「ドロップダウン」という現象になってしまいますが、
これを防ぐブースターが最初からついているので、火力が安定して継続してくれるのではないかと思います!

 

 

 

ただ、このST-233を使っている方のブログを見るに、
思ったほど明るくない?!という印象も受けるので、即買い出来てないんです

 

 

 

おとなしく、ノーススターに行くか、ST-233にするか、
15日からの連泊まで、あと10日!!

 

 

 

教えて、エロイ人(笑)

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 









コメント

  1. みーこパパ より:

    こんにちは(^^)
    ちょっとだけエロい人です。

    ST-233、うちのメインランタンです!

    オレンジのホヤはけっこう赤っぽいので、好き嫌いが分かれるでしょうね。
    肉の焼け具合などが分かりにくく、我が家は電池LEDランタンを併用しています。

    ブースター能力は優秀で、気温10度ぐらいでもノーマル激安ガスで普通に
    ガス缶がちゃんと空っぽになるまで使い切れます。

    一つの判断材料にしてもらえればと(^^)

    • K助 より:

      ちょっとエロイ人キタ――(゚∀゚)――!!
      ありがとうございます(笑)
      明るさはどうですか?一応、虫よけ用に明るさを重視したいと思ってるんですが、あまり明るくないという評判を聞いていたので・・・(^^;
      ブースター能力が優秀なのはかなり有難いですよね(^^;
      なんやかんやで激安CB缶が使えれば一番ありがたいですよね(☆0☆)

      • みーこパパ より:

        明るさですが、コールマンのガソリンランタンなどと比べてしまうと暗いですね~。

        それでも最大火力でホヤのクリヤー側を使用すると、直視できないぐらいに明るくなります。
        この最大火力でも、激安CB缶で4時間ぐらいもつので、1晩100円ぐらいの燃費ですね。

        個人的には満足しています(^o^)

  2. K助 より:

    みーこパパさん

    もともと、虫を明るい方に誘導したかったんで、明るい方をそれだけ明るければ286Aよりそちらに集まれば、万々歳なんですよね(笑)

    一本三時間もってくれたら十分なので、また悩んできちゃいました(笑)

  3. ランタンの事はよくわかりませんが、ノーススターの方がかっこいいからノーススターにして下さい!!!
    うちは、コールマンのケロシンを買いました。
    イワタニのCB缶のランタンも持ってますが、使い勝手はかなりいいです。そのSOTOのやつに激似です。
    でもイワタニの方が庶民的です!笑
    虫を集めることを目的とするなら、ここで敢えての蛍光灯を探すのもありじゃないですか?(なしです)
    もう、こうなったらあの紫色の光を放つ殺虫灯にしましょうよ!
    バチッ!ってやつ。

    • K助 より:

      ノーススターかっこいいですよね!
      紫色のバチっとなるやつ、消費電力結構くいそうですよね!翌朝の虫の死骸が凄そう(^^;
      そもそも、絶対高いですよアレ(笑)
      十万いかないなら、くじ引きの景品にいいかも知れないですね(^^)d

  4. Hiroto.no800 より:

    こんばんは。先人達の意見としては、燃料は統一した方がいいそうです。私も先人に習って、燃料はキャンピングガスとカセットガスにしてます。なので、コールマンノースターを少し離れた場所に、なるべく高い場所に設置、テント周辺は暖色LEDで統一してます。ノースターに虫はたかってますがテーブル周辺はモウマンタイw K助さんツーバーナーはカセットガスでしたよね?理想は離れた場所にガソリンランタン、近くにソトのランタンですが…。私もソトのランタン半年くらい悩みましたけど、ジェントス777、sol16、ほおずきで事足りるのでやめました。

    • K助 より:

      自分も最初は燃料の統一を、ということでCB缶でやってたのですが、「286Aがほしーの!」でホワイトガソリンに手を付け、OD缶にCB缶からガスをうつせるアタッチメントの存在を教えていただいてからOD缶のギアが増えたりと、どんどん種類が増えていってます(笑)
      ガソリンランタンもポンピングが下手くそで1時間に1回くらいポンピングしてるような感じだったので面倒かなって思ってましたが、きちんとポンピングをマスターすれば2~3時間大丈夫みたいなので、286Aを虫寄せにして、リビングスペースはミレニアちゃん、ごはん食べたあとのインナーテントにこもる子供達にはドッペルUFOライトの構成でいいのかも・・・と思い始めました。
      でも、なんかしらのランタンが欲しいモードになってる自分がいます(笑)

      • Hiroto.no800 より:

        折角なのでもっとでかいガソリンランタンにいくって手もありますよ!!OD缶にCB缶に詰め替えると本来の性能出せませんし、ポンピング作業に慣れてしまえばそっちの方が楽なのでは?と思います。見た目はダントツでガソリンランタンですよ!!ペトロマックスカッコええです。

      • Hiroto.no800 より:

        ペトロマックス壊れやすいそうなので撤回しときます。

        • K助 より:

          折角買い足すなら、ガソリンランタンが欲しいのは正直なところなんですよね~。
          ポンピングマスターを目指しますかね~。
          酔っぱらって1時間と感じているだけで実際はちゃんと2時間持っているか、など来週のキャンプで調べてみようと思います(笑)
          ペトロマックス、憧れますが壊れやすいんですね(^^;

  5. 大分んオッサン より:

    我が家では2マントルのランタンを遠くに設置して、1マントルのランタンを近くに置いています。

    • K助 より:

      コメントありがとうございます!
      あまり燃料の種類も増やしたくないし、ガソリンランタンで下手くそなポンピングの精度を上げることから始めたほうがよさそうな気がしてきました(^^;
      今回は、286Aを遠くにおいて、リビングスペースをミレニアちゃんで試してみて、ガソリンランタン増やす方向で考えようと思います!

  6. アゲパン より:

    st233とノーススター両方持ってます。
    st233を遠くに286Aを近くに置くと虫達が286Aに殺到しちゃってますw
    いろいろ試したけどノーススターを遠くに、リビング周りはLEDに落ち着いてます。ただ、ノーススターの掃除はドン引きするぐらいお亡くなりになった虫達が出てきますけどね。
    286A遠くにおいてリビングLEDでいいんでない?
    あ!買い足しの口実ほしいだけ?w

    • K助 より:

      やっぱりst233と286Aじゃ286Aのほうが明るくて虫が寄ってくるんですね(^^;
      今回の連泊キャンプ、286Aを虫よけにしてリビングはミレニアちゃんでやってみました。
      286Aの中には小さいのから大きいのまで大量にお亡くなりになられてました(;´Д`)
      今の体制で不便はないのですが、やっぱり買い足したい、ただそれだけなのです!!(笑)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です