1. ホーム > 
  2.  キャンプアイテムGETだぜ!

キャンプフィールドの保冷剤アイスキープブロック -16℃ 800GETだぜ!

2017/7/11 - キャンプアイテムGETだぜ!キャンプ , 初心者 , ド素人 , ロゴス , 保冷剤 , キャンピングフィールド , LOGOS , -16℃ , アイスキープブロック , 氷点下パック

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

先日から、週末の夏本番だよ連泊キャンプ!に向け、

 

 

 

K助家にある安物クーラーボックスの保冷力強化週間
ということで、

 

 

 

まずはクーラーボックスを分解して、
アルミシートを貼って保冷力アップを図りました!

過去記事:安物クーラーボックスをアルミシート貼り付けで保冷力アップの裏技DIYに挑戦

 

 

 

続いて第2弾の対策は、保冷剤の機能をアップする!

 

 

 

ということで、近所のスポーツ用品店で買ってきました!

 

 

 

当初は、ロゴス 倍速凍結 ・ 氷点下パックを、
買う気満々で行ったんですが、

 


行ったのが、ゼビオ
氷点下パックは、まさかの一つも売ってなかったです(;´Д`)

 

 

 

その代わりに、ゴリ押し(オイw)で陳列されていた見慣れぬブランド。

 

 

 

Camping Field(キャンピングフィールド)

 

 

 

まぁ、火を見るよりも明らかなんですが、
ゼビオ系のブランドのようでした!

 

 

 

アイスキープブロック -16℃ 800
容量が800gのほうが1,080円(税込)、

 

 

 

アイスキープブロック -16℃ 500
500gのほうが864円(税込)でした。

 

 

 

 

別の店に行って、ロゴス 倍速凍結 ・ 氷点下パック
買いに行こうかと思いましたが、

 

 

 

その場で軽くググり(オイw)、
ロゴスの氷点下パックの性能と検証。

 

 

 

気になる、マイナス温度持続力ですが、

 

 

 

ロゴスが、これ。

 

 

 

 

キャンピングフィールドの「アイスキープブロック -16℃」の持続時間がこんな感じ。

 

 

 

 

 

よくわからんけど、あんま変わらんくね?

 

 

 

と面倒になっただけじゃなく、
ザックリとそんな気がしたということと、

 

 

 

ネットで検索してみると、

 

 

 

「アイスキープブロック -16℃」に関する情報、
使ってるよって人の情報が全くない

 

 

 

という状況だったので、

 

 

 

 

 

 

ということで、購入いたしました!
週末のキャンプ後に改めてレポートしたいと思います

 

 

 

 

さてさて、そんな感じでゼビオのアウトドアコーナーを散策していると、
気になったものをもらって帰ってきました。

 

 

 

これは、我々初心者キャンパーには嬉しい持ち物チェックリスト。
こういうのが置いてあるのは親切でいいですね

 

 

 

最後に、これまた初めてみるブランドのカタログ。

 

 

 

Whole EarthメーカーHP

ホールアースは、【もっと、自由に もっと、楽しく もっと、遊ぼう】がコンセプトのアウトドアブランドです。
子供から大人まで家族みんなで楽しくあそべるキャンプ、アウトドアライフを提案いたします。

 

 

 

メーカーホームページを見ても、運営元についての記載がないのでなんとも言えないですが、
唯一のテント展示が、ここのやつだったので、恐らくゼビオ系列の会社のブランドなのではないかと思います!

 

 

 

カタログを見る感じ、
キャンプブームに上手く合わせた感じのオシャレなラインナップでした




 

 

 

いままでノーマークだったゼビオも、
かなりアウトドアに力をいれていることがわかりますね。
これから、ちょこちょこ覗いてみようと思います

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 









コメント

  1. けいすけ より:

    自分もこういうタイプの保冷剤気になってます!
    ただ、現状は2リットルのミネラルウォーターを凍らせて、それをクーラーボックスの中に入れて保冷剤代わりにしているという感じです。
    保冷剤だとさらに冷えるのかな?とか、凍らせたミネラルウォーターより効果が続くのかな?とか思ってたので、人柱さんよろしくお願いします!!(笑)

    • K助 より:

      うちも同じように水を凍らせて、あとは安物の保冷剤使ってるんですが、安物の保冷剤が冷気を吸収してるのか、ただ単にクーラーが安物でしょぼいのか、連泊だと厳しい感じなんですよね(^^;
      今回の二つの対策で飛躍的に改善してくれると嬉しいんですけどね~。
      人柱として頑張ります

  2. ラピスぱぱ より:

    K助さん、初めまして。ラピスぱぱと申します。
    改造クーラーボックスのパフォーマンス、大変興味があります!

    氷点下保冷剤について、私の経験を少々紹介いたします。

    氷点下保冷剤は、一般的に長持ちしません。
    強烈に冷やします。なので、それに触れているものが凍ります。
    そして急速に融けます。

    ロゴスのそれは、中でも高性能だと思います。
    私はMサイズを3個買いました。
    効果的な使い方は、氷点下保冷剤を普通の保冷剤でサンドイッチすることです。
    そうすると、普通の保冷剤が溶けるのを防止しますし、氷点下保冷剤が溶けるのを防ぎます。

    ちなみに、コールマンのエクストリーム・アルティメイトで試しました。
    GWのドピーカンキャンプ2泊3日の使用で、帰宅するまで普通の保冷剤は幹線にはとけませんでした。
    飲み物も帰宅後、まあ冷たい範疇までもちました。
    この時は、ロゴスの氷点下Mパック三つをクーラーの壁に立てて、その内側に薄くて長い普通の保冷剤(約1kg)をあてて、食材などを詰めていきました。
    食材は、氷点下パックには接触させないことが肝要です。

    ぜひ試してみてください。

    改造クーラーボックスのレビューを心待ちにしております。

    ではでは(^_^;)

    • K助 より:

      はじめまして!
      クーラーボックスの改造後の感想としては、「よくわからない」が正直なところです(笑)
      恐らく、機能的には上がったと思いますが、やはり真夏のテント内で40℃くらいあると結果は変わらないんではないかと思います(^^;
      日陰にテントをたてる、とかそれこそラピスぱぱさん案のように氷点下保冷剤を普通の保冷剤でサンドイッチするなど工夫をすればかなり効率あがるんだと思います(☆0☆)
      保冷剤の効率を一番悪くするのは液体なので飲み物が近くにあったりすると冷気を奪われて一気に効果がなくなるみたいなので、クーラーボックス内のレイアウトも重要ですね(^^;
      夏場でも1泊キャンプなら工夫で問題ないですが、連泊はやはり厳しいねってのが改造クーラーボックスの感想でした(;´Д`)
      来年の夏に向け、スチベル買ってレベルアップせねば・・・です(笑)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です