1. ホーム > 
  2.  九州のキャンプ場紹介 >
  3.  長崎県

長崎県「大崎キャンプ場の紹介」フリーサイト広かったのでわかり易く動画作ってみました!

2017/10/18 - 長崎県, 九州のキャンプ場紹介キャンプ場 , オートキャンプ , 大崎キャンプ場 , 長崎県 , 電源サイト , フリーサイト , 釣りができるキャンプ場

どうも、キャンプ素人のK助です!

 

 

 

キャンプ場を探す条件として

 

 

・ファミリーキャンパーなので、子供も楽しめる

・初心者キャンパーなので、電源付のオートサイト

 

 

 

というポイントを押さえてのキャンプ場探しをいままでしてきましたが、ポータブル電源を手に入れたので
今回、はじめて電源のないフリーサイトでのキャンプとなりました。

(過去記事:LESHP ポータブル電源 大容量73000mAh/300WhをGETだぜ!早速CPAPとスマホの充電で検証してみたった

 

 

 

先日利用した、大崎キャンプ場の住所は、

 

 

 

長崎県東彼杵郡川棚町小串郷

 

 

エリア的には「佐世保エリア」になります。

 

 

 

車でのアクセスは、

長崎自動車道東そのぎICから国道205号を佐世保方面へ。大崎公園交差点で県道234号へ左折して現地へ。東そのぎICから11km

 

 

 

 

公式サイトでは、東そのぎICから降りて車で8分と紹介されていましたが、この日はハウステンボスでイベントがあってたようで、結構渋滞してました(笑)

 

 

 

ここ大崎キャンプ場は、区画サイト・フリーサイトがあります。

 

 

 

 

何年前に作った看板なんだろう(笑)

この看板を作った当時は、電源サイトとかも全然なくて、際立ってグレードの高いキャンプ場だったんだと思います。

 

 

 

 

ここのキャンプ場は、猫が多いということでも有名のようでした。
いたるところにニャンコがいるので、癒されますね(*´∀`*)



 

 

 

 

利用したのは、9月23日~24日。
直前の3連休が台風だったためにこの週に流れてきたのか、フリーサイトは満杯でした。
チェックインは13時からですが、既に受付待ちがでていました。

 

 

 

別の日の管理棟正面から。
ちなみに、リアカーはこの管理棟の右のあたりにあります。

 

 

 

 

▼オートキャンプ場の紹介


管理棟から左手がオートキャンプ場ゾーンです。
オートキャンプ場は、全40サイトです。
内訳は、常設テントがサイト30区画、テント持込サイトが10区画になります。

入場料金が、大人500円 (中学生以上)、小人400円 (3歳以上小学生)。
別途、区画利用代が掛かります。

 

 

 

常設テント(6人用テント):5,150円
恐らく、オートキャンプ場は全てAC電源付です。

 

 

 

 

オートキャンプ場ゾーンの中に、トイレ・シャワー・ランドリーがあります。

 

 

 

男子トイレの様子。
フリーサイトゾーンのトイレより綺麗でした。


 

 

 

男子シャワー室、ランドリー。
奥さんがこの写真を見たら男子シャワー室のほうが綺麗と言っていました。
管理人さんが男性ばかりだったので、そこも関係あるかも?(^^;


 

 

 

シャワーは5分100円ですが、ストップがなく出っ放しだし、最初の数十秒が暖かくなるまで時間かかる。
1人なら頑張れば100円でいけるけど、子供と一緒にとかなら200円・300円必要。
あとは、フリーサイトとあわせて男子はこの3つだけなので、時間帯によっては凄く混みそう。

 

 

 

トイレ・シャワー室の隣は炊事棟。

 

 

 

炊事棟奥はゴミ捨て場になります。

 

 

 

 

こちらが持込みテントサイト:4,120円
常設テントが30で持ち込みテントが10サイトなので、もう少し持込みテントサイトを増やしてもいいのでは?と思うけど、フリーサイトがあるし学校関係で利用する時は常設テントのほうが需要あるだろうし、って感じですかね?(^^;

 

 

 

区画サイトには、それぞれこういった電灯?の柱があり、電源が2口ありました。

 

 

 

かまどやテーブルが常設されてるので、荷物も少なくて済むので、装備が少ない初心者キャンパーには嬉しいポイントですね。

 

 

 

テントは、この上に設営する感じになります。
ドームテントなら問題ないスペース。2ルームとかは厳しいかなと思います。

 

 

 

 

▼一般キャンプ場(フリーサイト)の紹介


こちらは、入場料金の大人500円 (中学生以上)、小人400円 (3歳以上小学生)だけでOKなのでかなりお安いです。
ゆっくりしたかったので、2日目はデイ延長していました。日帰り(デイ)の料金は、入場料金が同じ金額掛かります。

K助家の場合、大人2名・小学生2名、三男坊ちゃんはまだお金掛からないので、1泊1,800円、デイ(日帰り)1,800円の計3,600円でした。

 

 

 

 

 

リアカーがこれが一番大きいタイプでこれが2つと、これの半分くらいのサイズが3つ。
この日は、フリーサイトの利用者が多く、リアカーの争奪戦が凄く、チェックインして30分くらいしてやっと借りられました。
キャリーワゴン持ってる人は、持ってきた方がストレスなくていいと思います。

 

 

 

駐車場から、フリーサイトまでの距離は約200mらしいです。
(もっとあるように感じるw)

 

 

 

道のりは、殆ど平坦ですが、リアカーの大きい奴は片輪パンクしてたので荷物が重く、凄く遠い道のりに感じました(;´Д`)

 

 

 

 

1日目はテントだらけで、一番ロケーションのイイ場所の写真が撮れませんでしたが、2日目に皆さん撤収された後の写真です。

 

 

 

自分達はこのエリアのトイレ近くの場所に、なんとか設営できました。

 

 

 

フリーサイト側のトイレです。
夜は時期的にまだ虫が多く、外灯が少ないので虫がトイレに集中しているように感じました。
虫が苦手な人は、オートキャンプ場ゾーンのトイレを利用した方がいいかも?

 

 

 

自分達の対面側。ここも前日はビッシリ設営されていました。

 

 

 

対面側の段を登ったところ。

 

 

 

段を登ったところから前に進んでみました。
フリーサイトはかなり敷地があるので、相当なテントを立てられる広さでしたが、遅くきたキャンパーさん達は帰っていく人も多いくらい利用者が多かったです。

 

 

 

そこから降りたところの炊事棟。

 

 

 

海側を歩くと、奥に防波堤があります。
ここが釣りスポットのようです。

 

 

 

防波堤へ向かうところ。
この正面の場所でも前日はランドロックが余裕で立てられる広さでした。

 

 

 

右手あがったら、ここもテントが立てられるところが上まで広がっています。

 

 

 

こんな感じの段が上に2段あった感じ?
設営までの荷物運搬が大変そうです(笑)

 

 

 

防波堤。防波堤の下は小さい魚が見受けられました。

 

 

 

防波堤から見た一番ロケーションのいい場所。
かなりの密集率でテントが設営されていました。

 

 

 

 

▼キャンプ場での楽しみ方


海が目の前なので、夏場は水遊びが楽しめそうです。
砂浜ではなく、砂利の感じでした。
キャンプ場を利用する人のプライベートビーチ的な感じですかね?
夏場は特にフリーサイトは利用者が多そうです。

 

 

 

▼大崎自然公園での楽しみ方


大崎キャンプ場は、大崎自然公園の中にあるキャンプ場です。
広大な敷地の大崎自然公園で色んな遊びが楽しめます。

 

 

・大崎海水浴場

先ほどとは違う、海水浴場があるようです。

営業時間:午前9時~午後6時
入場料:大人(中学生以上)500円、3歳以上小学生300円、幼児(3歳未満) 無料

 

 

 

・ゴーカート(夏休み及び12月~2月の期間は、休止)

これを楽しみにしていました。

 

 

 

知りませんでしたが、「ナニコレ珍百景」に登録されているようです。

 

 

 

ゴーカートは、駐車場から道路渡ってこの看板の上の方にあります。
地味に体力を削られます(笑)

 

 

 

ゴーカートのところから見た景色。
下は「かぜの広場」ということでボール遊びできます。野外ステージもありました。

 

 

 

ゴーカートは、1人じゃなくて1台300円ってのが良心的でしね。

 

 

 

1周600mらしいけど、もっと長く感じました。楽しかった!!(笑)

 

 

 

基本的に公園内は車で移動しました(笑)
くじゃく園のほうへ。

 

 

 

ポニー広場。

 

 

 

バッテリーカー。1回100円。

 

 

 

くじゃくドーム。

 

 

 

アスレチック広場。



他にも、まだまだ周りキレなったですが、かなり遊べる公園だな、と思いました。

 

 

 

 

動画も作ってみたので、よかったらご覧ください

 

 

 

詳しくは、キャンプ場の公式ホームページもご覧くださいね!

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 









コメント

  1. (肉) より:

    K助さんの動画観たらその場所の雰囲気やイメージがつきやすかったです
    一瞬「あれ?この人ここの紹介ビデオ作ってるのかな?」って思っちゃいましたw
    忙しい中お疲れ様でした(ΦωΦ)

    • K助 より:

      キャンプ場って公式のホームページだけでは伝わらなくてわからないってことが多いので、実際に行ったような感じでサイトの広さ感とかわかり易くなったらいいなぁって思って、頑張りました!
      モザイク処理が大変でした(笑)
      これからも、出来る限りキャンプ場の動画頑張っていきます。完全ボランティアで(笑)

  2. ハルパパ より:

    こんにちは
    大崎キャンプ場って、K助さんは9月後半に行ってありますが、
    夏休み期間の気温って、やっぱり暑いんでしょうかね~?
    私、暑いの苦手なものでww

    • K助 より:

      自分も、暑いの苦手です(笑)
      なので夏は無理せずに標高高いところに逃げるか、エアコン付きのバンガロー泊などオフシーズン的にしようかなって思ってます(^^;
      大崎キャンプ場も平地なので涼しいってことはないと思います。
      海が近いので、涼めるっていうのは大きいと思いますけどね(笑)

  3. ハルパパ より:

    おはようございます。

    八代花火競技大会行ってきました。

    ブログ参照

    夜中大変でした

    • K助 より:

      夜中に台風の影響が!!
      福岡は今くらいからようやく風強くなってきてるのに熊本はやはり影響が早かったんですね(^^;
      コンクリートだとペグ打てないのでノボリ立てるみたいな水の重しとかブロックとかが必要かもですね。
      何はともあれ、無事で何よりです!!(^^)b
      そしてブログ、帰ってきて片付けして速攻で書いたんですね(笑)
      お疲れ様でした!!

  4. ハルパパ より:

    来年の八代花火は、晴天であれば、芝エリアでランドロック持って行くつもりです。
    雨確定予報だとですね~、雨天撤収は嫌なものですよね。

    • K助 より:

      どのテントでも雨撤収は嫌なのに、雨確定でランドロックは精神的にも厳しいですよね(笑)
      雨だと花火大会の開催にも影響するし、パリッと晴れて欲しいですね(^^)b

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です