1. ホーム > 
  2.  キャンプアイテムGETだぜ!

安っぽく見えなくていいんでない?クイックキャンプのコットGETだぜ!

2017/11/30 - キャンプアイテムGETだぜ!キャンプ , コット , QUICKCAMP , クイックキャンプ

どうも、キャンプ「クソ素人’」のK助です。

 

 

 

ソロ用のアイテム、着々と揃えていますよ。( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

 

 

ということで、今回はこれ!!

 

 

 

 

QUICKCAMPのコットです!
見た感じ、他店では売られてないので「eSPORTS」さんオリジナル商品のようですね。

 

 

 

ちょっと「QUICKCAMP」のロゴが大きい気がしますが(笑)

 

 

 

 

値段は、消費税・送料込みで4,980円だったのですが、
そうは見えない、安っぽくなくむしろ結構値段がしそうな雰囲気だったのが決め手でした

 

 

 

この、フォールディング キャンピングベッド QC-SC190は、色が黒とベージュの2タイプありますが、購入者のレビューの
「スノーピークのコットかと思うくらいの安定感&寝心地でビックリしました。」の一言に惹かれ、スノピっぽいベージュにしました(笑)

 

 

 

 

収納バッグもしっかりしている印象です

 

 

 

袋から取り出すと、こんな感じ。

 

 

 

説明書は、こんな感じで巻き付いていました(笑)
まぁ、説明書あんまよく見ないので問題ないです

 

 

 

とか笑ってますが、

 

 

 

これが後に悲劇を生むことを、この時のK助には知るすべもありませんでした(T_T)

 

 

 

 

▼早速、設営してみよう!


買う時に、オフィシャルの説明を見ていたので、大体の設営はイメージ出来ていました。

 

 

 

 

「フレームを開き、寝かせる」を進めてみましょう。


 

 

 

続いて、「フレーム全体を開き、ロックをする」ですね。
足を外側に開いていけば、

 

 

 

こんな感じに開いて、速攻で「もう完成近いわ、これ」という感じになります

 

 

 

ロックをするという工程を説明したいのですが、
フレームもロックも黒くて、全く伝わらない(笑)

 

 

 

 

こんな感じで、ロックをする部分があります。

 

 

 

かなり硬い感じなので、フレームの足を外側に押し出しながら、ロックを速やかにかけると、割かしスムーズに取り付けられます

 

 

 

普通、こういうロックって、左右2か所プラス対面の左右2か所で計4か所でロックをかけそうなものですが、
これは手前の左右2か所だけのロックで大丈夫みたいです。

 

 

 

ほい、ちゃちゃっと完成しましたよっと

 

 

 

 

▼実際に、寝転がってみよう!


身長180cm、90kg超級のK助が横たわってみて、こんな感じです。
標準的なヒューマンが一人で寝るには余裕の大きさですね

 

 

 

耐荷重も100kgまであるので、これ以上肥えないように注意します(笑)

 

 

 

ちなみに、三男坊ちゃんを載せて100kg超えしてますが、余裕感はありました(笑)

 

 

 

 

コットの寸法はこんな感じです。
思いのほか高さがあるな、という感じでベンチとしても使えそうですね。
商品販売ページでは、コット下のデッドスペースに荷物を収納できます、という提案がありました。

 

 

 

三男坊ちゃんだけだと、凄く余裕の広さですね(笑)

 

 

 

 

▼悲劇は、収納時に起きてしまいました。収納、要注意です


これは本当に、説明書を見なかった自分がアホ&ダメでした・・・

 

 

 

商品販売のところの片付けのところが、サラッと終わってたので、そのノリで戻してたんですよね。

 

 

 

 

そしてら、

 

 

 

パーンッ!!

 

 

 

と、修羅の国を彷彿させる乾いた音がしたので、何事かと思って見てみたら・・・

 

 

 

 

どっ、どうした?何があったんだ!
QUICKCAMPのコットぉぉおおおっ!!((((;゜Д゜)))

 

 

 

 

油断したコットは撃たれて大ダメージを負っていました。
ではなく、完全に自分のミスでやらかしてしまいました(;´Д`)

 

 

 

が、が止まらねぇんだよぉぉおおおっ!(;´Д`)とばかりに、キャンバスが硬くて抜けない飛び出したフレーム(泣)

 

 

 

なんとかかんとか、「おらぁっ!!( ゚д゚ )」と引っこ抜くことはできたものの、
ダメージはデカい・・・

 

 

 

 

使用する上で致命的なダメージではないんでしょうが、
一回もフィールドデビューもしてないのに、既に傷物になってしまった。

 

 

 

という精神的ダメージと、

 

 

 

 

説明書を見なかったゆえの自分のミスなので、
やり場のない怒りが、現実に目を背けるように沸々と、グツグツと軽く沸点を超えてきます。

 

 

 

 

マジで、イラつくわぁっ!!!

 

 

 

 

冷静に。冷静に。

 

 

 

 

これを教訓に、

 

 

 

これからはきちんと説明書と向き合おう

 

 

 

 

そう心に誓った出来事でありました

 

 

 

 

▼結局、なにがいけなかったの?


説明書の「収納時の注意」に書いてありました。
コット中央の関節部分に生地が引っ掛かったままで無理にフレームを折りたたむと生地が敗れる場合がございます。

 

 

 

まさしく、俺だね!!
と、「やっぱり、レクタだね!」風に言いたくなります(笑)

 

 

 

ここですね。
真ん中のフレームに生地がかぶさった状態だとそのまま畳むと、乾いた銃声のような音がして、もれなく生地が破れるという罠が潜んでいます。←オイw

 

 

 

あとは、「この紐、何に使うっちゃろ?(´・ω・`)」と華麗にスルーしていたストラップが、実はいい仕事をしてくれるようで、
フレームにストラップをかけておくことで、この状態の時に生地を上に引っ張ってくれるので、フレームのところに生地が被りにくくなるみたいです。

 

 

 

いや~、正直辛いっす。

 

 

 

自分みたいに、

 

 

 

説明書なんて、かったるくて見ねぇやぁ~い。ヾ(。`Д´。)ノテェーイ

 

 

 

というタイプの人に今の自分が言えることは、
説明書、大事。

 

 

 

ってことですね。
勉強になりましたよ、本当

 

 

 

まぁ、完全に自分のミスなので、対象外だとは思いますが、
このコットは180日間の製品保証付きとのこと。

 

 

 

これで一発逆転あると嬉しい・・・
うん、ないね(笑)

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 









コメント

  1. と☆の より:

    仕事中に拝見しましたが笑いを堪えるのが大変でしたwww
    かなり凹んでしまいますね。
    でも場所的にそこまで負荷がかかる所じゃないと思うので大丈夫だと思いますよ♪

    • K助 より:

      もう、笑ってください(笑)
      いや~、高い買い物じゃないんですが、なんか精神的ショックが大きすぎて、もう本当に嫌な気持ちになりましたよ (/д\)゜o。
      多分、このまま使えるとは思うんですが、なんかやっぱり気持ち的につらいっす(泣)

  2. みーこパパ より:

    こんにちは(^^)

    ご自宅でも乾いた破裂音が響き渡るなんて、さすが修羅の国。
    それ以上に、インテリアがおされです!
    キャンプ気分が味わえていいですね~。

    安いのに良さそうなベッドですね!
    フィールドデビュー前に傷物になってしまったのは残念ですが、
    この構造だと使っていくうちにいずれ破れてしまっていたと思いますね~。
    うちでもよく子供や奥様が、イスを強引に畳んでいますのでw

    • K助 より:

      乾いた音は修羅の国あるあるですね。←ねぇわw
      でも子供の時に過ごしていたところは本当にデンジャー地帯だったので本当に年に数回は乾いた音がしてました(笑)
      ガーデンルームなんですが、インテリアはキャンプ気分が味わえるようにしてます(^^)b
      というかちょっとしたキャンプ道具置きの場になってきてます(^^;
      はじめて収納する人は「あれ?硬いな。。。おりゃ!!」でパーン!となっちゃうと思います(笑)

  3. けいすけ より:

    やっちゃいましたね(笑)
    自分も説明書見ないで感覚でやっちゃうタイプなのですか、これを教訓にこれからは説明書をしっかり読もうと思いました!

    でもこれは切ないですよね〜( ;∀;)

    • K助 より:

      完全にやらかしちゃいましたぁ(;´Д`)
      説明書、全部見ないにしても「注意だよ!」的なところは今度から確実に目を通そうと思いました(笑)
      かなり使い込んだあとの破損とかじゃないし、完全に自分のミスなので本当悲しくやり場のない怒りに震えております(泣)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です