1. ホーム > 
  2.  キャンプアイテムGETだぜ!

テントでストーブ点けるなら欲しい一酸化炭素チェッカーGETだぜ!備えあれば憂いなしですたいね!

2017/12/22 - キャンプアイテムGETだぜ!キャンプ , ストーブ , 冬キャンプ , 一酸化炭素アラーム , 一酸化炭素チェッカー , 換気 , 一酸化炭素中毒

どうも、キャンプ「クソ素人’」のK助です。

 

 

 

テントの幕内でストーブを点けるとなると、やはり備えで用意しておいたほうが良い物!
それは一酸化炭素チェッカーですね!

 

 

 

しかし、この一酸化炭素チェッカーは、安い物から中々お値段がするものまでピンからキリまであります。

 

 

 

キリ的に言うと、こういうやつですね!
大体1000円ちょっとで送料無料とかで買えるものです。

 

 

相当売れてるみたいなので、信頼性はあるんでしょうが、
なんかシンプル過ぎて、いまいち信用できません←オイw

 

 

 

 

お値段のいいピン的なものとなると、
ドッペルギャンガーの一酸化炭素チェッカーになりますが、これは1万オーバーの世界になっちゃいます
センサーが日本製なので信用性は抜群なんですけどね

 

 

 

ということで、
私が選んだアンサーは、これでした。

 

 

 

 

 

キャッチコピーの「大切な家族の命を守る!」に並々ならぬ力強さを感じたからです(笑)

 

 

 

あとは、値段が2.640円で税込み送料無料(2017年12月22日現在)だったので、買いやすい値段というのが本当の理由ですけどね

 

 

 

あとはレビューが少なかったので、人柱精神に火が付いた、的な(笑)

 

 

 

ということで、開封の儀といきましょう!

 

 

 

パッケージはこんな感じ。

 

 

 

手に取った感想は、思ってたよりもデカい(笑)

10cm角らしいけど、それ以上にでかそうな雰囲気でした

なんかドラゴンレーダーみたいでテンション上がるのは自分だけでしょうか?w

 

 

 

説明書は英語なので、ちんぷんかんぷんでした

 

 

 

とりあえず、どのサイズの電池なのかもわからないので、裏面の蓋を斜めにずらせば外れます。
単4電池3本でした。

 

 

 

電池を入れた瞬間にブロンドの外人女性が突然喋り出して軽くビビります(笑)←ブロンドかどうか知らんけどw

 

 

 

最初、数字が100超えなんでビビりますが、どんどん下がっていって最終的には0になりました。

 

 

 

S字フックでかけようと思ったら、そのままではダメそうなフレイバーが。。。っていうかダメだったので、紐を通してみました。

 

 

 

ストーブ使用中は、ランドロックの左右のベンチレーターを全開にしてたし、2か所くらいメッシュを開けてたので、
終始0だったので正しく動いているかはわかりませんが、あることの安心感はデカいですね!

 

 

 

COの濃度が30ppm以上時に音声で、

 

 

 

Attention please,carbon monoxide gas leaking ,please open the window and the door.
(注意してください、一酸化炭素ガスが漏れています、窓を開けて換気してください。)

 

 

 

とアナウンスが流れるそうですが、

 

 

 

は?なんじゃらほい?
日本語で言ってもらえんかな?( ゜Д゜)ポカーン

 

 

 

となりそうです(笑)

 

 

 

ちなみに、電池切れ時や電池容量低下時に、

 

 

 

Attention please,low battery.

 

 

 

 

とアナウンスが流れ液晶に「LB(電池切れ)」と表示されるそうです。

 

 

 

 

その時に、英語わからんで軽くパニックになって焦って換気しだしそう(笑)

 

 

 

 

試しに、「TEST」を押してみたら結構大きい音のアラームがなったので、ビックリしました。

 

 

 

 

寝てても、目覚めそうな感じでしたよ

(自分は起きないと思うけど

 

 

 

とは言っても、テント幕内でのストーブ使用は自己責任になりますので、注意してくださいね

 

 

 

ちなみにK助家ではファミリーキャンプの場合、インナーテント内でホットカーペットが家族の必須条件なので、寝る時はストーブは消しております

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 









コメント

  1. コロ助 より:

    こんばんはー(^O^)お久しぶりです!

    私もこれ買いましたー(≧∀≦)白色の方ですが、同じものだったのでなんか嬉しくなってコメしちゃいました!
    この金額なら日本語でもいいような気がしますが、まぁ、なんかしゃべれば換気すればいいかな的な感じでポチりました^ ^さすがに1万越えはキツイですしねσ^_^;

    そして、12月も28日からキャンプ行けることになりました( ̄∇ ̄)
    2回目でこの寒さを乗り切れるか不安ですが、自宅用のストーブを持ち込んでやります( ̄∀ ̄)これで私も変態キャンパーの仲間入りでしょうか?笑
    ところで、寝る時はホカペあれば大丈夫なんでしょうか??もちろん寝袋は冬用でインフレータブルマット(クイックキャンプのやつ笑)、薄い銀マットも敷きます。

    • ハルパパ より:

      コロ助さん、こんにちは
      電源エリアでホットカーペット使う時は、電源タイマー購入してた方がいいですよ。
      ホットカーペットは、どのメーカーも基本6時間で切れる設定値になってますので、夜中切れるとめちゃ寒いです。
      コンセントタイプ24時間タイマーを、で5時間毎に、切り入りをセットしておけば、基本ずっと電源入ったまま
      安い分は、切りと入りの間が15分ほどありますが!
      キャンプでホットカーペット使われる場合は、必死アイテムです。
      アマゾンで、500円~600円で売ってます。

      • コロ助 より:

        ハルパパさん、こんばんはm(_ _)m
        ご教授ありがとうございますm(_ _)m

        確かに6時間で切れますσ^_^;夜中の0時に電源切って入れてとしてもちょ〜寒そうな朝の6時頃に切れますね笑
        タイマー見てみます(^^;)

    • K助 より:

      メリクリです~!おソロなんですね(☆0☆)
      ですです。喋り出したら換気すればいいか、の感じでそもそも鳴らないように十分に換気を気にしながら使おうと思います(笑)
      28日キャンプなんですね!
      気付いてないと思いますが、既に変態キャンパーですよw
      寝る時は、インナーテント内だったらホットカーペットと家族のヌクモリティでストーブ無しで余裕で快適に寝れますよ(^^)b
      ちなみに我が家は寝袋は冬用じゃなく5℃対応の安いやつですがそれでもホットカーペットの恩恵で問題ありません(^^)b
      うちはグランドシートの上にコールマンのマット、ホットカーペットに上にコールマンのシートですが、やはりホットカーペットのおかげで冷気もシャットアウトです(☆0☆)

  2. こんにちは~(^▽^)/
    インスタではお世話になっております。
    ブログへのコメントは初めてです。
    よろしくお願い致します。
    我が家も同じものを使っています。
    武井バーナーの火力をマックスにして景気よく何回も鳴らしています(笑)
    あんまり鳴らしすぎて「またか~」と驚かなくなりました( ´∀` )
    次回はストーブ以外の寒さ対策をして冬キャンプを楽しもうと思っています。
    《ライターa》

    • K助 より:

      コメントありがとうございます!
      インスタでもTwitterでも宜しくお願いします~(*´∀`*)
      武井バーナー、やはり凄い火力なんですね(笑)
      でもそれだけ敏感になるなら安心ですねw
      ストーブ以外の寒さ対策、やはり高級シュラフをGETという運びになりますね(☆0☆)

  3. ハルパパ より:

    私も同じ物持ってますけど、30以上でアナウンス?
    ランドのインナーテントの前の上のフックに掛け、ベンチも2ヵ所開けたまま、何度か使いましたけど、40までは行きませんでしたが、38でも何もアナウンスなりませんでした。
    説明書読んでないものでww

    • K助 より:

      説明書、コットの件で見ようと思ってたのですが英語だったのでわからず(^^;
      ということでブログ書く時に商品ページを見たんですが、確か30以上でアナウンスが流れる的なことが書いてありましたよ(笑)
      ベンチ2か所開けてても数字あがるんですね!
      自分は常に0だったので、ちょっと不安になってきました(笑)
      今度車の排気ガスで数値が変わるか検証してみます(^^;

  4. と☆の より:

    こんにちは♪
    一酸化炭素チェッカーはキリの物とK助さんが買われた物を使っている方が多いですね。
    うちのはこの前のキャンプで使ったら常時40PPMでしたよ・・・外でもwww
    こんな奴に命は預けられん(´Д`ι)
    今はドッペルの購入を検討してますw

    • K助 より:

      キリのものと同じものが結構人気なんですね!
      買いやすい値段ですもんね(笑)
      外でも常時40PPMwww
      そんなやつには確かに命を預けられませんね(^^;
      ここはセンサーがMADEINJAPANのドッペル先生ですね(☆0☆)

  5. ハルパパ より:

    車の排気ガスで検証
    いきなり近づけると、999ppm全快で警報
    電池を抜き30分ほど放置し、気を取り直して再度チャレンジ
    400超えで警報

    英語の説明書読みました。
    300ppm以上を、3分間超えたら警報
    400ppm以上で、即警報となってますね。

    • ハルパパ より:

      一酸化炭素に関しての症状または致死量
      500ppmで、頭痛・耳鳴・めまい・嘔気など症状が現れる
      1000ppmでは、顕著(誰にでもわかる)な症状
      1500ppmで、死に至る。

      • K助 より:

        排気ガス凄いですねw
        ハルパパさん、英語読めるんですね!Σ(゚д゚)
        自分が見たのは30じゃなくて300だったんでしょうね(笑)
        500くらいから危ないゾーンっぽいので400で警報でなるほどって感じですね(^^;

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です