1. ホーム > 
  2.  キャンプマスターへの道

チンアナゴペグGETだぜ!からの1人でも簡単タープ張り活用法の紹介♪

2018/4/28 - キャンプマスターへの道, キャンプアイテムGETだぜ!キャンプ , 初心者 , ド素人 , タープ , ドッペルギャンガー , DOD , チンアナゴペグ , 一人で出来た , タープ設営

どうも、キャンプ「クソ素人’」のK助です。

 

 

 

販売開始と同時に、気になっていたチンアナゴペグ
タープ張る時に活用すれば1人でも設営が楽になるんじゃね?というブログを先日書いていたんですが・・・

 

 

 

 

自分が買う前に皆さんが「それいいやん!」と速攻の購入ツイートが多かったのでビックリしました(笑)

 

 

 

言い出しっぺが買わないワケにはいかないので、ようやく自分も購入しましたw

 

 

 

 

今回のデイキャンでタープで実際に使ってみようと思ってたのに、

 

 

 

 

普通に忘れて出掛けてしまい、最初の信号待ちで忘れ物ないかな~と脳内シミュレーションしてたら忘れてることに気付き、速攻で取りに戻ったのは内緒です。
(あっ、言っちゃったw)

 

 

 

現地で開封の儀。
買う時見てなかったけど、しっかりしたケースがついてて地味に嬉しい

 

 

 

これこれ!思ってたより現物は長いな!というイメージです。

 

 

 

直径15~28mmのポール用ということで、村の鍛冶屋さんの伸縮アルミタープポールが28mmなので、どんな感じか見てみるも、下のゴムキャップ部分が太いので入りません

 

 

 

 

が、下から挿し込めば問題ないので、太さ28mmのポールの場合は、事前に下から挿し込んでからペグダウンすれば問題ないかと思います

 

 

 

ちなみに、レクタLのサイドポール用に買った「VISIONPEAKSのアルミポール 120・180・240」は太さ22mm径ですが、こちらは問題なく上から挿し込めました

 

 

 

 

 

今回、チンアナゴペグはDOD製なので、統一感を出してタープもDODのナチュラルタープにしたのですが、付属のポールも太さ22mmで問題なく上から挿し込めます

 

 

 

では、早速チンアナゴペグによるタープの1人deチート張りを実践してみようと思います

 

 

 

 

まずは、チンアナゴペグをある程度の深さまでペグダウン。(仮抑え用なので半分くらい?)

 

 

 

 

そこにポールを差し込みます。

 

 

 

 

タープのハトメをポールに差し込み、ガイロープをかけます。

 

 

 

んでガイロープをペグダウン。

 

 

 

この時、ガイロープのテンション(張り)を一旦、緩めてポールをチンアナゴペグから引き抜いてガイロープを締めて、反対側のポール立てる時にまた使うのもアリかと思います。

 

 

 

試しにやってみて、反対側もチンアナゴペグを使って立ててみました!

 

 

 

風がない日は、このままチンアナゴペグを差し込んだままでも問題ないかと思いますが、強風の時はチンアナゴペグでポールに負担が掛かって最悪折れることも想定されるので、基本的にはガイロープを緩めてポールをチンアナゴペグから引き抜いてから、チンアナゴペグを取るのがよいかと思います。

 

 

 

まぁ、そんくらい強風の時は、ポールを外してタープを一時崩して風が止むのを待った方がいいかとは思いますが

 

 

 

 

てな感じで、これがガイロープ緩めてポールを引き抜いた後の写真ですね

 

 

 

設営の時の一時的な補助用として使うことで、本来のポールを差し込んで簡易ランタンスタンドなどの用途にも活用できますね

 

 

 

 

実際に1人de簡単タープ張りを実践してみての感想は、

 

 

 

 

思ったとおり1人のタープ張りが凄く楽!!でした

 

 

 

 

設営の時に家族の誰かしらに、「ちょっとポールばおさえとっちゃらん?」と頼まなくていいので皆が幸せになれます(笑)

 

 

 

 

1人でのタープ設営も、

 

 

 

慣れてる人は問題ないんでしょうが、初心者でタープ張りに苦手意識を持っている人だったり、慣れてる人でも時短目的の時にいいな、と思いました

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 

 



▼キャンプに行きたい!けどテントがない(;´Д`)という人はレンタルから始めるのも手ですよ(^^)b

ファミリーキャンプ専門!キャンプ用品ネット宅配レンタルショップ「キャンプスマイル」

コメント

  1. (肉) より:

    チート張りお疲れ様ですw

    ブログ内でチンアナゴチンアナゴいっぱい連呼されてましたねwなんか読んでてウケました

    ところで、ガイロープ先端にカラビナ使ってましたよね!?強度的には大丈夫でした?

    私もマネして次回から使用予定なのでΣd( ゚∀゚*)

    • K助 より:

      何回チンアナゴペグって言ったか数えようと思いましたが、疲れるくらい言ってましたね(笑)
      ガイロープのカラビナは、100均で何個かセットになってるようなやつで強度は心配だったんですが、いまのところ大丈夫です(^^)b
      タープが倒壊しそうな強風の時はポールだけ外して風がやんだらポール立てて戻したりってこともやっていれば大丈夫なんではないかと思います。
      何かと時短に繋がって便利ですよ~!!

  2. 犬神龍一 より:

    ・・えーっと、このやり方だと小さいタープは出来るでしょうが。
    スノピのレクタのようにポールが280cmなどになると不可能かと・・
    タープの設営方法はペグを打ち込んだ後、ラインを緩めにしてからポールを立ち上げるので
    一度、正しい設営のやり方を調べて見たほうが宜しいかと
    正しいやり方なら、台風の最中でも一人で立ち上げ出来ますので。

    • K助 より:

      コメントありがとうございます!
      当ブログ内、過去記事の「DODのチンアナゴペグを活用したら1人でのタープの設営が捗るんじゃね?」にも書いてますが、正しい張り方としての紹介ではなく今回の張り方は初心者でファミリーキャンプなどで普段、家族の補助で2人でやってる人が家族の補助無しにチンアナゴペグで時短できる、ということだったり、ソロの時の小川張りも楽になるというチート張りの紹介なので、そのあたりはご理解いただければと思います(^^;
      あとは台風の時はタープは立てない方がいいと思いますよ!

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です