1. ホーム > 
  2.  レザークラフト

レザークラフトでCB缶(カセットガス)カバー作りに挑戦!!

2018/9/22 - レザークラフトキャンプ , DIY , 自作 , レザークラフト , CB缶カバー , カセットガスカバー

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

前回、pinoworksのスキレットカバーDIYキットでやってみましたが、これはキットでの制作だったので、今回は全くのゼロから行う本格的なやつです

 

 

 

 

なんせ、道具やレザーも張り切って集めたので、もう後には引けませんw

 

 

 

 

 

さて、第一弾として何を作るか?という話なんですが、割と難易度が低いのではないか?というCB缶カバーから取り掛かりたいと思います

 

 

 

 

 

▼まずは、型紙作りから


「とりあえずビール」みたいに簡単に言ってますが、私はこの型紙作りがであると思ってます。

 

 

 

いや、レザークラフト経験無しのクソ素人の分際で、何を語っちゃってんだって話なんですけどねw

 

 

 

 

でも、前回pinoworksのスキレットカバーDIYキットでやってみて、本当思いました。

 

 

 

 

裁断して穴開けまでしてくれてて縫うだけやったら、めっちゃ簡単!!

 

 

 

 

なので、やはり型取りってのが大事であり、実は一番難しい工程なのではなかろうかと思った次第です。

 

 

 

 

そして今は便利な時代です。

パーソナルコンピュータという文明の利器を使えば、思った寸法で型紙を作る事なんていとも簡単というわけです。

 

 

 

型紙の印刷は、普通のコピー用紙だとペラペラでやりにくいかな、と思ったので写真用紙に印刷しました。

 

この時、表面がコートで裏がざらっとした感じですが、コート面を革にあてたら「キュッ」と止まって作業性がよくなるんではなかろうかと思い、ざらっとした面に印刷するようにしました。(けして間違えたわけではないですからね!w)

 

 

 

印刷した型紙をカット。

 

 

 

 

実際に現物のカセットガスにあててみましょう。

 

 

 

 

うん、いい感じ!!

 

だったんですが、この穴あけ用の点の位置がミスでずれてしまっていたので、型紙の作り直し

 

 

 

 

ということで、型紙君2号です。

 

 

 

今度はOKだ!(と、この時は思ってます

 

 

 

 

裏のコート面を革にあててみると、やはり予想通りでピタッととまり、作業性が良さげなフレイバーがプンプンしてきやがります

 

 

 

SOTOのツーバーナーがあるので、CB缶カバーを2つ作りたいと思っているので、型紙も張り切って2枚作っています。

 

 

 

 

 

レザーが30cm幅だったので、この時型紙の高さを152mmにしてたので、304mmになっているので、微妙に寸足らずです(;´Д`)

 

 

 

となると、こうやって横に向けて配置するしかありません。

取り合いが悪いですよね(;´Д`)(´Д`;)ネー

 

 

 

 

四の五の言っても始まらないので、張り切ってカット!!

 

 

 

張り切り過ぎて、角のところを切り過ぎてしまい、しかも斜め下に下がってしまったので、この部分は使えず、ロスとなってしまいました。

 

この角のカットは丁寧にやらないとレザーの使える部分が減るので、カットも大事だな、と痛感しました。

 

 

 

 

そして、ミスが止まりません。(|||゚Д゚)ヒィィイイイ

 

 

 

カットしたレザーを当ててみると、どうも寸足らず感が否めません。

 

 

 

現実から目を背けるように、無心で型紙の点をキリで潰していき、穴をあける位置をわかりやすくしています。

 

 

 

しかし、平静を装ってみたものの、やはり心に乱れがあったのか、点を打ててないところもチラホラ(笑)

 

 

 

まぁ、菱目打ちがこんな感じで4本あるので、問題ないんですけどね

 

 

 

あとは印をつけた点を頼りに菱目打ちをハンマーで打ち込み、穴を開けていきます

 

 

 

こんな感じで裏が貫通していればOKですかね。

厚さ2mmのレザーなので想像より結構力強くハンマーを打ち込む必要がありました。

 

 

 

どんどん穴をあけていく時は、前回打った穴の1つをかましながら新たに打って行くスタイルのようです。

 

 

 

全周、ハンマーで打ち付け終えた頃には、5歳くらい老けたのではなかろうかという感じに疲れました(笑)

 

 

 

こんだけ頑張ったけど、やっぱり寸足らずです。(当たり前やろw)

 

 

 

 

革って伸びるよね。大丈夫だよね??

 

 

 

と思いながら、Twitterで「これってどうですかね?」的に皆様に見ていただいたのですが、

 

 

 

 

・いやいや、無理でしょうw

・靴ひもみたいなやつで網網な感じにしてセクシーにしたら?

・別の色の皮を継ぎ足してオシャンティーに対応しよう

 

 

 

 

という身勝手な意見ばかりで(オイw)、「それ大丈夫やで」的な意見が一つもなかったので、もうこれは諦めて、新しく型紙から作り直すことに。

 

 

 

1つだけ作るなら、別の革を継ぎ足して作る、もアリなんですけど今回同じ奴を2つ作りたいので妥協はできません

 

 

 

 

そもそも、今回の採寸は、以前使わなくなったバッグを使ってマグネットで簡単リメイク術だぜ!的な時の寸法だったので、カセットガスの印字面部分の高さ152mmでやっていたので、上下の銀色の淵部分にも被せるようにしようと思い、高さを156mmにしようと思いました。

 

 

 

 

最初は横をジャストサイズだ!と何故か208mmでやっていたので、今回はレザーの厚み2mm×2で4mm大きくしてみよう!ということで、w212mm×h156mmにしてみました。

 

型紙君3号君。三度目の正直で今回は大丈夫でしょう!!
(と、この時は思ってます

※もはや失敗が怖くて2枚印刷しなくなったw

 

 

 

 

すると、なんということでしょう!!

 

 

 

 

高さを長くして、上下の銀淵の所にもかかるようにしたため、全周の幅が広がったために、長くしたはずの212mmではパッツンパッツン

 

型紙君2号の時みたいに、実際に2mm厚のレザーを裁断したら、また寸足らずパターンになりそうな雰囲気です

 

 

 

ということで、また4mm幅を広げて、型紙君4号はw216mm×h156mmに。

もういいかげん型紙作りから次のステップに進みたい!!(切実)

 

 

 

 

写真では、「さっきと何が変わったの?」的な感じですがw、型紙君4号をあてた瞬間に「これはいけるやろ!」感が凄かったです。

 

 

 

ゆえに、勇気をだしてレザーの裁断に進みます。

銀ペンで印をつけます。

 

 

 

 

カットして、カセットガスに当ててみると、これはキタ――(゚∀゚)――!!の完全感覚Dreamer!!!

 

 

 

こうなると、俄然ヤル気が湧いてくるってもんです。

 

 

 

 

型紙作りは毎朝、仕事前の時間にやっていましたが、夜は菱目打ちでハンマーをガンガンやると近所迷惑になる。

 

 

 

しかし、早くやりたい!!ということで、

 

 

 

 

昼ご飯食べた後の昼休憩で作業を進めます。

あんなに苦痛だったキリでの印付けも軽快に進みます。

モチベーション高いので、印のつけ忘れも皆無!!w

 

 

 

ハンマーもキチガイのように降りまくり、穴あけも速攻で完了!!

1回目のレザー裁断の時とは全く違い、成功する気しかありません!!!

 

 

 

 

 

▼カットした断面を整える、コバ磨きのステージへ


カットした時に左側がちょっとミスってたので、レザークラフト工具セットについてるヤスリで軽く整えてみました。

 

 

 

型紙がようやく出来て、あとはトチ狂ったように縫いまくっちゃるぜ!と勢いに乗ろうと思いましたが、最終的に「コバ磨き」が必要になるので、これは縫う前のこのタイミングでやっておいた方が作業性がいいのでは?と思い、冷静さを取り戻した私。

 

 

 

午後の仕事も「コバ磨きってどうやるんだ?」で集中できず、「コバ磨き」が気になって仕方ありません。

 

 

 

 

Google先生に聞いてみると、磨く為の道具は工具セットに入っているので大丈夫だけど、断裁した面に塗る「トコノール」たるものが必要なようです。

 

 

 

 

夜に、「コバ磨き」と「縫い」で一気に完成させようと思っていただけに、落胆の色が隠せません(;´Д`)

 

 

 

 

すると、Twitterで愚痴っていたら、

 

 

 

 

トコノールでなくても、でいけるんやで

 

 

 

 

という超朗報な知識をいただいので、早速「コバ磨き 水」で調べてみると、どうやらトコノールはボンドを水で薄めた的なものらしく、水でも代用できるそうな。

 

 

 

自分で使うものだし、何より早くやってみたかったので、とりあえず今回は水でやってみることに!!

 

 

 

 

断面に水を塗り、この何らかの拷問で使われるような雰囲気の木でできている「コーンスリッカー」たるもので磨いていきます。

 

 

 

おお!艶が出てきました!!!

 

 

 

上が、磨きをしてみた部分で、下がまだ磨いてない断面。

色も艶感もなんか違いますね

 

 

 

結構磨いてみたけど、これ以上よくなる感じがあまりしなかったので、とりあえず今回は妥協してカバーの2つ目つくる時はトコノールを買ってみて、どんな違いがあるのか検証も兼ねてみよう、ということで、今日はこのへんにしといてやらぁ!ヾ(。`Д´。)ノ

 

 

 

 

▼いよいよ、縫いますよ!!


ここまで来るのに、本当に想定外に時間が掛かりました。

朝の1時間ちょっとの作業時間ですが、型紙づくりだけで3日目ですからね(笑)

しかし、この3日目で意地でも終わらせてやろうかと思っています

 

 

 

今回、横のラインは「平縫い」、縦のラインを「クロスステッチ」という縫い方でやってみました!

 

 

 

まずは、横のラインからやろう、ということで「平縫い」は塗る長さの5倍くらいの糸の長さで大丈夫のようで、上下分2セットの糸をカット。

 

 

 

針は2つ使い、軽快に縫い進めていきます。

 

 

 

コバ磨きの時に水をベチャベチャつけ過ぎたのか、それでコバ磨きしまくったのでラインがガタガタになってしまっているのもあり、なんかかなりラインが下手くそ感凄いです(笑)

 

 

 

 

でも、1回やってみて、大分勝手がわかってきたような気がします。

こんな感じで縦にして、針を2本通しながら均一に引っ張っていったほうが綺麗になる感じがしました。

 

 

 

スピードもあがり、ラインも綺麗に縫えた感触があり、殿ご満悦。(*´∀`*)クルシューナイ

本田△的にいうと、伸びしろですね!!

 

 

 

写真上が2回目、下が最初に塗ったやつです。

うん、写真じゃよく違いがわからんね!!(笑)

 

 

 

続けて、縦の「クロスステッチ」に。

この縫い方は縫う長さの7~8倍くらいの糸の長さが必要、ということで8倍の糸の長さで臨みましたが・・・

 

 

 

 

菱目の間隔が4mm間隔なので、縫う回数が多いのが原因なのか、

 

 

 

 

糸の長さが足りんやないかい(笑)

 

 

 

5倍の長さの糸で継ぎ足し縫いをして、なんとか完成!!

0時くらいから縫い始めたので完成したのは深夜3時半(笑)

 

 

 

 

 

▼完成してみての感想


はじめてゼロからやってみての感想は、

 

 

 

想像していたよりも、めっちゃ大変!!(。´Д⊂)

 

 

 

今回、完成までに掛かった時間の感じとしては、

 

 

 

 

1日目:型紙づくりに約2時間
2日目:レザーの裁断、菱目打ちで約1時間
3日目:型紙づくり、レザー裁断、菱目打ちで約1時間、コバ磨きで約1時間、縫いで3時間半

 

 

 

延べ、8時間半(笑)

 

 

 

 

ただ、2本目を作る時は型紙づくりは不要なので、3日目の工程だけでいくと次は5時間以内で終わらせないとですね

 

 

 

 

昨日、完成したけどもう疲れたので本日、落ち着いて完成品と向き合ってみました(笑)

 

 

 

 

自己評価でいうと60点くらいのクオリティですが、まぁ初めてなんでこんなもんじゃないでしょうか(笑)

 

 

 

2本分作りたいので、今回も同じ縫い方でやろうと思いますが、この菱目打ちの間隔はかなり短いんではないか?と思うのですが、どうなんだろう・・・

 

 

 

次はOD缶のカバーを作りたいと思っているので、もっと他の方の作ったものを見てみて研究が必要ですね!

 

 

 

とりあえず、我慢できずにSOTOのST-310に取り付けてみました。

いや、めっちゃ恰好いいですやん!!

 

 

 

コバ磨きはいまいちなので、これは2本目作る時にまた磨こうかと思います。

 

 

 

 

次回は、クロスステッチを縫う時の糸は長めにせんといかんな。

 

写真の内側の下のところで色が変わっているところが途中で終わった糸をボンドでとめている部分ですね。

表から見た時に継ぎ足し感が出なかったのが幸いでした。

 

 

 

 

取付・取り外しですが、レザー厚み2mmで、幅216mm・高さ156mmで作りましたが、こんな感じに押し広げていく感じで出来ています

※使用するレザーの厚みで寸法変わってくるので、あくまでも参考ということで

 

 

 

 

以前、リメイクで作っていたレザーも合皮なのでめくれてきていて丁度、切替のタイミングだったので、2個目を作るのを次回キャンプが今月末なので、それまでに急務で作らねば、ですね

 

 

 

 

 

なんやかんやで大変でしたが、楽しいですレザークラフト!!

 

 

 

 

これは、場数を踏まないと上達しないと思うので、色んなもの作って全体的なスピードアップができるように頑張ります

 

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 



▼キャンプに行きたい!けどテントがない(;´Д`)という人はレンタルから始めるのも手ですよ(^^)b

ファミリーキャンプ専門!キャンプ用品ネット宅配レンタルショップ「キャンプスマイル」

コメント

  1. レザークラフト作りお疲れ様です!
    めっちゃ大変そうですが完成したときの達成感は
    最高でしょうね(^^)
    ところで事後となりますがご報告がありますm(_ _)m
    昨日アップしました私のブログ記事に、K助さんの
    発心公園キャンプ場紹介記事リンクを勝手に貼らせて
    頂きました!ご容赦ください(^^)

    • K助 より:

      はじめてで不慣れということもあり、かなり大変ですが一度やると大体の流れがわかったので、次回はかなりスピードアップできそうな感じでした(☆0☆)
      リンク、全然かまわないですよ!
      ご紹介ありがとうございます(*´ω`*)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です