1. ホーム > 
  2.  その他

キャンプでも使える!気になってるポータブル電源(蓄電池)を7つピックアップしてみた!

2017/9/9 - その他キャンプ , 初心者 , ド素人 , ポータブル電源 , 比較 , ポータブル蓄電池 , 大容量 , どれだけもつ?

どうも、キャンプ「クソ素人’」のK助です。

 

 

 

まず、ベテランキャンパーさんから結構聞かれる質問なんですが

 

 

 

電源って何に使うの?( ゜Д゜)ポカーン

 

 

 

という質問なんですが、
自分は重度の無呼吸症候群の為、CPAPという無呼吸治療器をつけないと

 

 

 

・命の危険がある(突然死する確率が通常より高い)
・いびきがクソうるさい

 

 

 

特に、嫁はん的にはテント内の狭い空間で、
シーンと息が止まってる状態から、MAX音量で「豚が殺されるような声」みたいな(どんなやw)凄まじいイビキをするらしいので、ビックリして都度起きてしまうので、心臓に悪いし睡眠不足になってしまうということで

 

 

 

嫁はん:
キャンプに行きたいならCPAPを持って行くこと!(`・ω・´)シャキーン

 

 

 

と言われているので、いままで電源サイトがマストだったのです。
しかし、ランドロックレクタLを合わせたい。

 

 

 

そろそろ電源区画サイトから卒業し、
フリーサイトの世界へとステップアップしたい!

 

 

 

ということから、

 

 

 

と思い続け、
ずっと悩み続けては、欲しい物の優先順位として後回しにしてきました。(;´Д`)

 

 

 

でも、今回のレクタL購入が、強く思いを後押ししています。

 

 

 

ポータブル電源のメリットとしては、

 

 

 

・フリーサイトは料金が安いのですぐに元が取れる

・フリーサイトで抜群のロケーションの中に設営できる

・キャンプ以外にも、冬場の車中泊も電気毛布買えば快適に過ごせる

・もしもの時の備えで持っておくと安心

・発電機みたいに音が出ないので周りに迷惑が掛からない

 

 

 

デメリットは、初期導入コストとして、ちょっとお高いってこと。
でも、フリーサイトばかりになれば、すぐに元が取れる!

 

 

 

と、自分に言い聞かせw
購入することに決めました!!(笑)

 

 

 

そこで自分が気になってるポータブル電源をピックアップしてみました

 

 

 

あと、ポータブル電源を探している時に毎回思うのが、
で、どんだけもつの?

 

 

 

という至ってシンプルな疑問。
あとは、見落としがちなのは何Wの電化製品まで使えるのか、ということ。

 

 

 

 

▼ポータブル電源の最大出力W数を把握する


例えば、スマホの充電は10Wくらいなので、これは殆どのポータブル電源で大丈夫だと思います。ドライヤーなんかは600W以上なので、これは逆に殆どのポータブル電源でNGだと思います。

 

ポータブル電源、という枠でいうと、
最大300W出力が現時点で最高クラスかと思います。
これは例えばスマホの充電を家族で3台、CPAPが10Wみたいなので、

 

 

 

スマホの充電で消費するW数:10W×3=30W

CPAPで消費するW数:10W

 

 

で合計すると、40W。

 

 

 

この使いたいと想定している合計W数が、
欲しいポータブル電源の最大出力を下回ることが大事です。

 

 

 

 

▼あとは、その使いたい電化製品がどれだけ持つの?を数値化して必要容量を決める


キャンプ場で23時に寝たとして、朝起きるのが7時として、8時間使用するものと想定します。

 

 

 

スマホ3台とCPAPの消費電力合計が40Wですが、
スマホは充電は2時間で終わるということで試算してみました。

 

 

 

スマホの充電に掛かる消費電力:30W(10W×3)×2時間=60Wh

CPAPの消費電力:10W×8時間=80Wh

 

 

で合計すると、140Wh。

 

 

 

なので、この計算で行くと、
140Wh以上の電池容量のポータブル電源を必要ということになります。

 

 

 

 

こんだけ力説してて間違ってたら、スゲーかっこ悪いけど(笑)

 

 

 

 

その条件から、自分が気になるポータブル電源をピックアップしてみました。
今回は、インバーターを使わずにそのままAC100Vのコンセントが使えるもののみピックアップしてみました。

 

 

 

 

suaoki ポータブル電源 非常用電源 大容量 400Wh 5WAY出力


狙ってる大本命です。
電池容量は、400Whと大容量ながら、重さ5.6kgとそんなに重たくなくてコンパクトなのがイイですね!
凄く売れているみたいで、最近は品切れが多いです。(2017年9月現在も品切れ中)

 

電池容量:400Wh
AC最大出力:300W
販売価格:39,980円(2018年5月時点)
出力ポート:AC出力:110V/50Hz/60Hz 変換可能×2( 最大300W、純正弦波)、USB出力:5V/3.5A(最大) x×4、DC出力:12V/3A x 2、シガーライターソケット:12V/120W

 

 

 

 

 

Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源)


モバイルバッテリーで信頼のあるANKER製ですね。
聞いたことないメーカーのものなんて怖くて使えるかーい!ヾ(。`Д´。)ノ
という方には信頼のアンカー製をお勧めします。

 

電池容量:434Wh
AC最大出力:120W
販売価格:49,800円(2018年5月時点)
出力ポート:AC出力:110V / 1.09A×1、USB出力:5V / 6A×4(各ポート最大2.4A)、DC出力:12V / 10A

 

 

 

 

Goal Zero Yeti 400 Solar Generator R2


 

オシャレなクーラーボックスでも有名なあのYETIと同じメーカー名。
一緒のYETIなのかちょっとわからなかったですが、YETIのクーラーボックスを持ってる人はどうせなら揃えたい?アイテムですね(笑)

 

電池容量:400Wh
AC最大出力:300W(最大瞬間出力 600W)
販売価格:64,000円(2018年5月時点)
出力ポート:ACコンセント×2(正弦波)、USBポート×2(最大7.5W、5V 1.5A)、DC電源出力:12V シガーソケット×1、6mmポート×2

 

 

 

 

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ ( 619Wh / 171,000mAh / 3.62V / 正弦波 )


調べていたら、いつの間にか新登場していたこちら。
でも、10月10日から販売開始ということで、現在予約受付中とのことでまだレビューは当然ないのが心配なところですが、
容量的には一番大容量!これから売れ筋になるのではと思います。

 

電池容量:619Wh
AC最大出力:300W(最大瞬間出力 500W)
販売価格:64,800円(2018年5月時点)
出力ポート:ACコンセント(2口):110V/60Hz(最大300W);DCポート(2口):9-12.6V/15A;USBポート(4口):5V/1Aと5V/2.1A

 

 

 

 

いま紹介した4つは、かなり容量が大きいので、
冬場に電気毛布を使うことも想定したサイズで探してみたものになります。

 

 

 

 

そんなに容量必要ないよっていう場合は、

 

 

 

 

Poweradd ポータブル電源 大容量73000mAh/270Wh


これぐらいの容量があれば、1泊なら余裕でいけると思います。
AC出力も2個、4個ついているので、コスト的に見て一番バランスがいいかも?

 

電池容量:270Wh
AC最大出力:300W
販売価格:29,999円(2019年3月時点)
出力ポート:ACコンセント(2口):110V/60Hz(最大300W);DCポート(2口):9-12.6V/15A;USBポート(4口):5V/1Aと5V/2.1A

 

 

 

 

Webetop ポータブル電源 大容量 222Wh 60000mAh 正弦波


サーキュレーターの風量MAXの34wで6.5時間使用できました。
風量をMAXで寝続けることはないので実際の使用ではほかの用途にも使いながら1泊キャンプは余裕かな、という感じですね。

 

 

機能:222Wh/60000mAhの大容量。AC出力ポート2つ:正弦波110V/60Hz(定格出力250W、瞬間最大値値300W)、DC出力ポート4つ:12V/5A(最大60W)、USBポート2つ:5V/3.1A。
特徴:商品サイズ約255X160X100mm、重さ約2.6kg、大容量にも関わらず軽量化に成功・持ち運び楽々。短絡保護回路をはじめ、出力過負荷、過剰温度検出及び過充電4つの保護回路を装備します。
多用途:キャンプや車中泊などのアウトドアイベント時に大活躍!スマホ、ノートパソコン、タブレット、デジカメ、扇風機、電気毛布、cpapにご使用いただけます。
充電:ACコンセント、ソーラーパネル、車のシガーソケットから充電可能。動作電圧18Vのソーラーパネルにおススメします。

 

 

 

 

セルスター PD-650


電池容量がWh表記がなかったんですが、使用例で「使用時間の目安は20Wで8時間、100Wで1時間40分です。 」ということなので、Wh換算すると160Wh?
1泊でスマホ充電のみとかなら全然大丈夫だと思うし、もともとの用途がバッテリー上がり対策用なので、備えとして欲しいものですね。

 

電池容量:DC12V/17Ah(20HR)
AC最大出力:280W(最大350W)
販売価格:23,780円(2018年5月時点)
出力ポート:AC100Vコンセントが2口、シガーライターソケット×1、DC12Vターミナルを搭載

 

 

 

 

今回、調べていて思ったのは、
はじめは大容量のものを1つ買おうと思っていたけど、必要に応じて2個持ちもアリかな?
と思いました。

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 

コメント

  1. ぽんた より:

    初めまして。シーパップでの野外活動は、本当に死活問題ですが、こちらのブログを見て、今回 初めてポータブル電源を買いましたが、製品の良し悪しよりも メーカーの対応を重視で購入した方が良いかも知れません。
    今回、お手頃、製品の評判などを元に、セルスター工業のポータブル電源を購入しましたが、購入して1年目のほぼ未使用をジャンク品で購入したら1時間しか持たないので、メーカーに問い合わせをしたら、1時間以上、カスタマーセンターに繋がらず、会社への直伝番号もHPにもなく、アフターサービスとしては、頼りにならないと思います。

  2. ぽんた より:

    初めまして。シーパップでの野外活動は、本当に死活問題ですが、こちらのブログを見て今回初めてポータブル電源を購入しましたが、、製品の良し悪しよりもメーカーの対応を重視で購入した方が良いかも知れません。使用時にアンペアの変化すふシーパップは、実際に対応できる機器が少ないと思います。

  3. ぽんた より:

    セルスター工業とその後 連絡が取れ驚くほど丁寧な説明に感服致しました。他社製品でも細かにアドバイスを頂けて、その際、もしかしたら、野外での必要時間の使用は厳しいのかも、と言う事でした。ので、御参考までにメールしました。

    • K助 より:

      コメントありがとうございます!
      CPAPが必要な場合、電源サイトがない環境ではポータブル電源は必須ですね♪
      私が持っているポータブル電源は2つは、いずれも問題なくCPAPが朝まで使えています。
      正弦波?のやつなら大丈夫なのかな、と思います!
      セルスターのやつはCPAP用途だと、容量的な問題で朝までの使用は厳しいかも知れませんね(^^;
      メーカーの対応って本当、印象全然変わりますよね!
      そっけない感じだと心は離れちゃいますが、やはりしっかりした対応を取っていただけるとファンになっちゃいますね(^^)

      • 三年寝太郎 より:

        はじめまして。私もCPAP利用者で電源を探してます。
        ”私が持っているポータブル電源は2つは、いずれも問題なくCPAPが朝まで使えています。”とありますがどこの商品を使用されてますか?
        今使用しているCPAPはフィリップスのドリームステーションで80W。
        LACITAのENERBOX01は120000MAhだったのでTELして連続使用を聞くと5時間。PowerArQはネットでのシュミレーションで6時間39分でした。
        購入するなら朝まで持つのが欲しいので・・・。
        よろしくお願いします。

        • K助 より:

          コメントありがとうございます!

          私が持っているタイプは、このページで言うと「Poweradd ポータブル電源」「Webetop ポータブル電源」になります。

          いずれも、容量は大容量のやつの半分くらいになります。
          1日持ちました、の違いとしてはCPAPの消費電力の違いがあるように思います。

          私のやつは帝人のS9というやつですが、メーカーサイトで確認すると消費電力が10Wなので、三年寝太郎さんのものより8分の1の消費電力なので、そんなに容量を必要としないようです。(8時間使っても80Wh)

          なので、可能であれば消費電力の低いCPAPに切替えられれば、そんなに高価なポータブル電源
          は必要ないのかな、と思いました!

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です