1. ホーム > 
  2.  キャンプアイテムGETだぜ!

炭や焚き火の火消しと火起こしが出来る2wayな壺、HOT-150をGETだぜ!

2018/11/17 - キャンプアイテムGETだぜ!キャンプ , BBQ , 火消し壺 , 炭の火起こし

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

先日のソロキャンプの時に、ゴミ持ち帰りのキャンプ場だったので焚き火を楽しんだ灰を持ち帰ろうと袋に入れていたのですが

 

 

 

夜にした焚き火の残り灰だったのに、まだ少し火が残ってたようで袋が溶けてました((((;゜Д゜)))

 

 

 

 

このまま気付かずに車に入れて持って帰っていたら、凄く危険ですね!((((;゜Д゜)))

 

 

 

 

どうしたらいいものか。

 

 

 

悩みに悩んでいた私は、自分だけの力で解決するには限界があると判断し、

 

 

 

 

ある物に頼る事にしました。

 

 

 

 

悩んでいるんです、というと変な人が寄って来て進めてくる系のものが多いある物ですが、

 

 

 

 

残念ながら、私は既に持っているので売りつけられる心配は皆無。(*´∀`*)

 

 

 

 

と思っていたのですが、探してもあると思っていた、そのある物は見つかりません

 

 

 

よくよく考えたら、庭のリフォームをした時に部品が欠損してたので一緒に処分してもらったような記憶が薄っすらと出てきました

 

 

 

 

ということで、買う事にしました。

 

 

 

 

そのある物、とは「壺」です。

 

 

 

 

壺の名前は、「HOT-150」。

 

 

 

怪しい人達から買うとウン十万~3桁万円と法外な費用で買わされそうなものですが、楽天・Amazonで見てみましたが、楽天の送料・税込み1,979円が最安でした!(2018年11月17日時)

 

 

 

 

ということで、早速オーダー。
梱包は、商品箱に段ボールをクルっと巻いたワイルドスタイル。
まぁ、物が物なのでこれくらいの簡易包装でも別に全然問題無しですね(笑)

 

 

 

製品パッケージはこんな感じ。
火起こしと火消しが出来るんやで、と2WAY感を前面的に押し出してきています

 

 

 

火起こしに関しては、煙突効果で火柱を上げて早く着火できる感じの仕組みですね。

 

 

 

 

火消しに関しては、上下で蓋をして密閉することで酸素を無くして消火させる。つまり、一酸化炭素中毒で息の根を止めに掛かるスタイルのものです。

 

 

 

 

ちなみに、消化した炭は再利用可能ということ。

 

 

 

 

え?じゃあ炭を買えば一生、使えるじゃん!

 

 

 

 

 

と、思わず標準語で「じゃん!」とか言っちゃいそうですが、まぁ灰になるので定期的に買い足す必要はあると思いますよ。←わかってるよ!w

 

 

 

 

話が脱線しましたが、箱の裏面に火起こしと火消しの方法の説明が載ってましたが、これこそ直感で使えるタイプのやつだと思いますので、割愛(笑)

 

 

 

 

開封すると、いきなりの注意喚起!!危機管理能力の高さに感嘆させられますね!

 

 

 

 

こちらが、今回購入した壺、HOT-150ですね。

 

 

 

 

上下の蓋は、このロックが上下で2箇所ずつの計4点止めするスタイルです。

 

 

 

蓋は当然、上下で外せます。

火起こしの時は、右の壺本体の穴が空いた部分に炭をいれて、下から着火ファイヤー的な使い方ですね

 

 

 

 

持ち手は、握力を鍛えるハンドグリップみたいな感じです。
これがMAXに握った状態。
手が小さい女性とかだと、ちょっと持ちにくいかも??という印象はありました。

 

 

 

説明書には、火起こしした壺をトングでバーベキューコンロに移します。的なことが書いてありましたが、1つ1つ移していくのは正直、まどろっこしいので

 

 

 

 

 

こんな感じでドバーっと移して使う人が多そう(笑)

 

 

 

 

今回、壺の力に頼ろうと思ったきっかけである「火消し」の方は、蓋を上下で取付ますので、蓋のフックと本体のネジのラインを合わせて

 

 

 

こんな感じでロックをかけていけば蓋が固定されるスタイルですね

 

 

 

 

きちんと、計4点でしっかりロックしましょう!

 

 

 

 

見た目も無骨な感じでさりげなくカッコ良く感じてきました(笑)

これでゴミ持ち帰りのキャンプ場でも安心して朝の焚き火なんかも楽しめるので、早く買っておけばよかったです

 

 

 

 

火起こしの邪道だよ!!と憤る方もおられると思いますが、家族や友達とBBQする時に、ニヤニヤしながら、これみよがしにフェザースティックを作って焚き火から炭を投入して炭起こしをしている現状は、

 

 

 

ソロならいいけど、皆がいる時はさっさとスマートに炭の火起こしばしちゃらんかいな?( ゚д゚ )クワッ!!

 

 

 

というのが、家族の本音であるかと思います
なので、家族と一緒の時とかで皆に余裕がない(空腹で苛立っているw)時は使うようにしたいと思います。

 

 

 

 

食べ物の恨みって怖いからね。((((;゜Д゜)))

 

 

 

 

普段は、火消し壺として使おうかな、と思ってます

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 



▼キャンプに行きたい!けどテントがない(;´Д`)という人はレンタルから始めるのも手ですよ(^^)b

ファミリーキャンプ専門!キャンプ用品ネット宅配レンタルショップ「キャンプスマイル」

コメント

  1. ハルパパ より:

    お疲れ様です。
    火消し壺、キャンプを始めた当初から使用してますが、残った炭が何度も使えるのですごく便利です。
    去年、何を考えたのか、炭を火消し壺に入れ消火中、置いてた場所が悪く、移動しようと取っ手を素手で握った途端、指3本の皮膚が・・・
    翌日には、水ぶくれになりました。
    キャンプ中も火傷のあとが痛くて、その時は全然キャンプが楽しめませんでしたよ。
    1時間ほど経ってたので、もう冷えてるかなと思ったのが間違いでしたww
    火傷には気を付けて下さいねww

    • K助 より:

      お互い、すぐに熱いのを触ってしまうタイプ(どんなタイプw)なので、気を付けないとですね(笑)
      それだけ熱持つんだったら、消化する時に芝の上にダイレクトに置く、とかも避けてコンクリの上とか場所を選んだ方がよさそうですね(^^;

  2. 初心者 より:

    本日、初めての宿泊キャンプに行ってきました。
    知人の「火消し壺は便利だよ」の一言で「キャプテンスタッグ 大型火消し壺 火おこし器セット」なるものをテントよりも他のギアよりも先に購入していました(笑)
    確かに火起こしも炭の処理も非常にラクでした。
    ただ、今の自分にはちょっとサイズが大きすぎで、ブログに書かれている火消し壺の存在にもっと早く気付いてればよかったと・・・。

    • K助 より:

      キャンプ行かれたのですね(☆0☆)
      キャプテンスタッグ 大型火消し壺、ググってみましたがウエストがなかなか太そうですね(^^;
      壺の中に何かいれて運搬する、とかも難しいので収納がテーマになるギアではありますね(笑)

  3. ユミマスト より:

    うちは、ベルモントの火消し壺(wild-1)を使ってます。2cm位の脚が付いてるので直接置いても構いません。
    最初ユニフレームの火消し壺買おうと思いましたが…12000円って…おまけに水で消してから炭壺に入れて下さい。とか書いてたんで…却下しました。
    ベルモントの火消し壺は通販で4000円位だったと思います。ユニフレームの3分の1の値段ですが、炭を取り扱う時は必ず持って行ってます。
    K助さんのだと、下の蓋に金属の脚を取り付けしたら良いなとは思いました。
    うちは継ぎ足す炭を入れる袋は、米袋を使ってます。何気に頑丈ですが…見栄えを良くする為に麻袋にしようかと考えてます。
    ちなみに薪置き、炭置きは、30cmか40cmのソリッドステークを交差させて打ち込み置いてます。
    全く関係無いですが、寒くなってきたので焚き火に最高の季節になりましたね。
    去年の冬キャンプでコールマンのホワイトガソリンツーバーナーの良さを実感しました。うちのファミリーには413Hは最高です。-10℃でも普通に火が付くのは、朝本当に楽なんですよね。
    朝のコーヒー…最高です。

    • K助 より:

      脚付、便利そうですね!
      新たに取り付けるのは大変そうなので、下が芝生の時とかはスパッタシートかステンレスのトレーの上に置いて使ってみようかなって思ってます(^^)b
      薪置きラックもDIYしてましたが、壊れたのでペグラック、いいですね♪
      さむくなってきて、焚き火が恋しくなりますね(*´∀`*)
      -10℃。。。九州ではなかなか経験できない世界ですね!
      自分の行くところだと、安いCB缶でも手のヌクモリティでドロップダウンを防げばお湯はわかせる程度ですからね(笑)

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です