1. ホーム > 
  2.  キャンプアイテムGETだぜ!

ファイヤースティール着火の焚き付けに便利なファットウッド(ティンダーウッド)GETだぜ!

2019/2/15 - キャンプアイテムGETだぜ!キャンプ , ブッシュクラフト , 焚き付け , 火口 , ティンダーウッド , ファイヤースティール , ファットウッド

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

 

先月、博多の沼に行って、折り畳めるトングに感動していた私ですが、

 

 

 

 

 

 

実は、他にも買っていたものがあったのです

 

 

 

 

焚き火をする際の着火は、火打ち石によるファイヤースターターで頑張ってやっているのですが、チートに麻紐なんかを使ってはいるのですが、前々から気になっていたアイテムがあるのです。

 

 

 

 

それは、ファットウッドです!!

 

 

 

 

▼ファッドウッドって何ぞ?


ファットウッドとは素材は松の木で、その中でも樹脂を多く含んだ部分のことを呼ぶようです。

枯れた木や倒れている木から採取することが出来て、松脂(松ヤニ)の油分でよく燃えることから、焚き火の焚き付け(着火)に使われています。
ファットウッドはとても燃えやすいのですが、市販の着火剤のように使うことができるうえに、化学物質を燃やさないので有害なガスが出ないエコ指向の着火剤ですね。

 

 

 

 

 

自分的なイメージとして、ファットウッドというと、「ブッシュクラフトインク」さん。
そのブッシュクラフトインクさんのコーナーが博多の沼にはあるじゃないですか!

 

 

 

 

あるよあるよ。ファットウッドが。
ブッシュクラフトインクさん的には「ティンダーウッド」という呼称で販売されているようです。

 

 

 

 

物自体は410円でしたが、送料がネックで品代よりも送料が高いという屈辱的な買い物はしたくないので今まで買うのを躊躇してたのですが、まぁ現物買えるなら即買いですよね(笑)

 

 

 

 

買った後も忙しく、1月はキャンプに行けなかったので今回のキャンプでお試しです

 

 

 

 

容量は100gで、それに応じた本数が入っているようです。

 

 

 

 

 

さて、早速使ってみるか。

 

 

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

え?どうやって使うと??( ゜Д゜)ポカーン

 

 

 

 

 

久々に、現地で「ファットウッド 使い方」とググる素人(笑)

 

 

 

 

しかし、なんかどれもザックリと「着火剤として使用できる」的なことばかりで自分が知りたい、実際の使い方がのってなくて、わからないんご(;´Д`)

 

 

 

 

長男に、ブログ用に写真撮ってくれーい!とお願いしてるのに、ずっとスマホでピコピコやってるわけにもいかないし、

 

 

 

 

どれかで鰹節状に削る的なこと書いてた気がしたので、とりあえずおもむろに削ってみました!!

 

 

 

 

これでいいのか?

 

 

 

 

ちょっとフェザーっぽくしたほうがいいのか?

 

 

 

 

長男が真っすぐな目で見つめてくるプレッシャーの中、火花を散らせまくる親父。

 

 

 

 

なかなか点かないので、おもむろに麻紐ティンダーを添えて、速攻着火!!

 

 

 

 

いや、それじゃファッドウッドいらんやん!!

 

 

 

 

と自分に突っ込みたくなりましたが、

 

 

 

 

うん、すげー燃えてる。
麻紐だけならすぐ消えますが、火が持続して燃え続けています!!

長男は、親父がズルをしたことに気付かず、「おぉーー!」と喜んでましたw

 

 

 

 

水にも強いのがありがたいポイント!!

 

 

 

 

前日の夜から朝にかけてずっと雨が降り続いて、屋外に出しっぱなしだった焚き火台は当然びしょびしょ。

 

 

 

 

そんなバッドコンディションの中でも、ファットウッドは水に濡れても内部まで浸透しにくいので、削ったものに着火してしまえば火が立ち上がります。

 

 

 

 

その後、薪が湿ってたのか結局、火起こしに苦戦しましたが、それは私のキャンプ素人ゆえのスキル不足。

 

 

 

 

そんな中でも、ファットウッドの有効性を感じることができました

 

 

 

 

このファットウッド、今回実店舗で買えたからよかったのですが、ネットで買おうと思ったら送料問題があります。

 

 

 

 

自分が買ったのは、100gで410円。

 

 

 

 

同じ100gをネットで買おうとすると送料のが高くなってしまいますが、一番量が多いので1800gで売られているものもあります。
1800gで3,326円。100gで換算すると約185円。

 

 

 

 

え?相当スケールメリットありますやん(笑)

 

 

 

 

ただ、このファットウッドは、上で「ファットウッドって何ぞ?」で説明したように、いわば

 

 

 

 

松の枯れ木から取れる物。
つまり買わなくても手に入るものみたいです。

 

 

 

 

「ファットウッド 使い方」で検索しても、見当違いの検索結果で

 

 

 

・ファットウッドを採集してみよう!

・採集、自作方法

・ファットウッドを取ってくるでござる

 

 

 

 

など、苺やぶどうや梨なんかの果実のように、ファットウッド狩りみたいなノリになってます(笑)

 

 

 

 

それぐらい簡単に取れるものなのであろうか?

 

 

 

なんだか、ワクワクするじゃないですか

 

 

 

 

どれ、採集方法でもちょっと覗いてみましょうか。

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

まず、松の倒木か立ち枯れしたものを探します。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

え?いきなりレベル高くない??((((;゜Д゜)))

 

 

 

 

松の木ってそんじょそこらに生えてるっけ?

 

 

 

 

自分は木オンチなので(なんじゃそらw)、木や花を見ても「あぁ、あれは〇〇だね」的な知識は皆無です

 

 

 

 

私は思いました。

 

 

 

 

博多の沼に行った時にまた買おう、と(笑)

 

 

 

 

木のエキスパートのかたは、是非山へ採集しに行ってみてください!(私有地などの場合は許可が必要ですよ)

 

 

 

 

そうでない方や面倒な方は、実店舗で買ったりネットでまとめ買いがオススメかな、と思います

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

 



▼キャンプに行きたい!けどテントがない(;´Д`)という人はレンタルから始めるのも手ですよ(^^)b

ファミリーキャンプ専門!キャンプ用品ネット宅配レンタルショップ「キャンプスマイル」

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です