1. ホーム > 
  2.  キャンプアイテムGETだぜ!

夏キャンプや連泊キャンプで大活躍!最速6分で氷が出来る家庭用製氷機GETだぜ!

2019/7/29 - キャンプアイテムGETだぜ!保冷剤 , 夏キャンプ , 製氷機 , 連泊キャンプ

どうも、キャンプ素人のK助です。

 

 

 

夏キャンプの隠し玉がついに到着しました。

 

 

 

俗に言う、高速製氷機ってやつですたいね!!

 

 

 

 

 

夏のキャンプは、ただただ暑い!!!(;´Д`)

 

 

 

 

1泊だけならクーラーボックスに凍ったペットボトルをいれる、などなんとかなったりしますが、連泊キャンプとなると厳しいものがあります。

 

 

 

 

そんな時に役立つのが、高速製氷機ですね!!

 

 

 

 

最短6分で氷出来るって凄くないですか??

 

 

 

 

家で焼酎飲みたいと思った時に、冷蔵庫の製氷機だと、「速氷」モードにしても、ちんたらしがって全然できてこないので

 

 

 

 

いつになったら、キンキンに冷えたアイスロックが飲めるんだい!!?ヾ(。`Д´。)ノ テーイ

 

 

 

 

と憤慨されている方も結構多いかと思いますが、これがあると10分以内でキンキンのアイスロックが楽しめますよ(*´∀`*)

 

 

 

 

氷が好きなタイミングで作れるとあれば、クーラーボックスを常に冷やすことが出来るので連泊キャンプも怖くありません。

 

 

 

 

それだけではなく、夏キャンプならではの楽しみとして、

 

 

 

 

 

キャンプdeかき氷🍧や

無料写真素材なら【写真AC】

 

 

 

 

キャンプdeそうめん、なんかも楽しめますね

無料写真素材なら【写真AC】

 

 

 

 

 

そして、熱帯夜の夜の寝苦しさを軽減すべく、今回持って行こうかと検討している冷風扇にも、大量の氷をぶちこむことで涼しい風が得られるのではないかと考えています

 

 

 

 

 

 

想像しただけでワクワクしますね(*´∀`*)

 

 

 

 

ということで、早速開封していきましょう。

 

 

 

 

段ボールにダイレクトに送り状を貼り付けるスタイルだったので、家電でそれは大丈夫なん?と心配でしたが、両サイドに発泡スチロールで固定されていました。

 

 

 

 

内容物は、製氷機本体・説明書・おまけでついてるアイスバッグですね。

 

 

 

 

これがアイスバッグですね。

スポーツの時のアイシングに使える感じですかね。

 

 

 

 

消費電力は110W。試しにポータブル電源で使用してみました。

アース取付無しでも問題なく使用できました。

 

 

 

 

右側の側面のみファンがちついています。

 

 

 

 

うしろはこんな感じ。

幅24.5cm、高さ36.5cm、奥行き32.5cm。重さは約8.8kg。

レビューにもあったけど、持ち手がない中、ある程度の重量があるので持ち運びは不便ですね

 

 

 

 

中をあけたら、固定用のテープでアイススコップと出来た氷をいれるところと、氷ができてくるところにテープが貼ってあるので、全て剥がします。

 

 

 

 

コンセント挿し込んだら、電源のところが点滅します。

 

 

 

 

 

 

▼早速、を作ってみよう!!!


水をタンクにいれたあとに、「製氷」ボタンを押すだけであとは氷がドンドンできていきます。

 

 

 

 

 

最短で6分で氷を作る、という商品ですが、氷が出来るまでに6分から13分の時間の幅があり、それは製氷機を動かす気温・室温が大事になります。

 

 

 

 

 

夏のキャンプだと、昼間は幕内が平気で30度を超えます。

そんな中で問題なく使えるのか?

 

 

 

 

 

現地に行って、暑すぎて使えなかったでござる(;´Д`)

 

 

 

 

では話にならないので、まずは自宅で最も暑い空間であるガーデンルームでエアコン無しの環境で検証してみました

 

 

 

 

 

 

ちなみに、説明書には10℃から35℃までの環境で使用してください。

 

 

 

 

と書いてました。

 

 

 

 

えぇ、汗だくでクソ暑いガーデンルームで絶賛検証中に気付きましたよ。(;´Д`)

 

 

 

 

 

33度なら、検証せずとも余裕で使えたんじゃん、と。

 

 

 

ビックリしすぎて、標準語で「じゃん」って言っちゃったじゃん。
じゃんじゃん。 (。´Д⊂)

 

 

 

 

そんなん言っても、既に検証しよるしね。

 

 

 

 

 

気にせず、本当に33度でも大丈夫なのか、疑心暗鬼で進めていきましょう!(オイw)

 

 

 

 

開始時点のガーデンルームの室温は33.5℃。

 

 

 

 

稼働から約10分で一巡目の氷ができました。

2回つかってみましたが、1巡目に出来る氷は使えない感じの頼りない氷です

 

 

 

 

気温が高いとやはり6分ではできず、12分とかで氷ができます。

 

 

 

 

ちなみに、濡れタオルで製氷機を冷やせば変わるかな?と思ったけど、特に効果は見受けられなかったです(笑)

 

 

 

 

3巡目。どんどん氷がしっかりしたものが出来上がっていきます

 

 

 

 

 

室温が低いとどんな感じに変わるのかも知りたかったので、エアコンをつけてみました。

33度超から27度台に室温が下がることで、9分ぐらいで氷ができました。やはり室温大事みたいです。

 

 

 

 

その後は、更に室温も下がったので、どんどん氷ができてきます。

 

 

 

 

出来上がる氷も、前半のすぐに溶けそうな頼りない感じでなく、しっかりとした氷ができあがってましたよ

 

 

 

 

水は2.2リットルまでいれられますが、とりあえず1.5リットルの水をいれたのですが、氷満タンになって

 

 

 

 

冷凍庫になおしたのとは別に、

 

 

 

 

2純分(1順で9個できる)18個の氷ができたところで、

 

 

 

 

給水ランプが点灯していました。

 

 

 

 

 

水が微妙に残っています。

この水の排水は、本体底面からキャップを外して水をだすことができます。

 

 

 

 

 

かき氷やそうめんで、すぐに氷を使いたい!という時はいいと思いますが、この製氷機事態に保冷機能はついていないので、

 

 

 

 

保冷剤として使いたい場合は、すぐにクーラーボックスに移したほうがいいです。

あとは昼間は気温がどうしても高いので、2日目の朝とか1日目の夜の気温が下がったうちに製氷機を使ったほうが効率よく氷ができるかと思います

 

 

 

 

 

これで、夏キャンプもかなり快適度が増すのではないかと思います

 

 

 

 

 

夏キャンプだけでなく、連泊キャンプの時にはオールシーズンで使えるし、キャンプだけでなく、もちろん自宅でも使えるのでかなり便利なアイテムだと思います

価格は、楽天が最安で14,800円で税込み送料無料。ポイントも1,776ポイントついてましたよ♪(2019年7月29日時点)

 

 

 

 

▼「いいね!」頂くと、当ブログの更新情報が確認できます!

sns_account_bt_facebook sns_account_bt_feedly

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

 

コメント

  1. 初心者 より:

    キャンプでそうめんいいですね!!
    子供達と河原で遊んで上がったら冷たいそうめんと作りたてかき氷食べて・・・。
    夏キャンプがますます楽しくなりそうです。

    • K助 より:

      暑いと買ってきた氷もすぐ溶けるし、沢山欲しい!という時にも好きなタイミングで作れるのでいいですよね♪
      これで夏キャンプがかなり快適に過ごせるのではないかと思ってます(^^)v

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です