1. ホーム > 
  2.  キャンプアイテムGETだぜ!

キャンプや車中泊、自宅使いに!4つ折り低反発マットレスGETだぜ!

2020/2/27 - キャンプアイテムGETだぜ!キャンプ , マット , マット選び , 低反発マットレス

どうも、人並みキャンパーのK助です。

 

 

 

先日の、バルンバルンの森はバンガロー泊だったのですが、基本的にバンガロー泊だとレンタルしなければ、板張りの上に寝る形になります。

 

 

 

キャンプの時は、ソロだとマットではなくコットなのですが、

 

 

 

 

ファミキャンの時は、コールマンのフォールディングマットを敷いて、その上にレジャーシートを敷いています。

 

 

私は基本、板張りだろうがコンクリートの上だろうが気にせずに寝られるタイプですが、

 

 

 

 

フォールディングマットで厚み15mmですが嫁はんは以前から、起きた時に体が痛いらしく、マット環境の改善をお願いされていたので、今回はバンガロー泊をきっかけに考えてみました。

 

 

 

 

▼キャンプで使うマットの種類


アウトドアメーカーから出されているものは大きく分けると、以下の3種類になるかと思います。

 

 

ウレタンマット

エアーマット

インフレータブルマット

 

 

 

①ウレタンマット


下の写真のようなキャプテンスタッグのEVAフォームマットや、サーマレストのような、蛇腹に折りたたむようなタイプのものをいいます。銀マットとかもですね。

メリット:軽い。遮熱機能がないタイプは安いので、家族分揃えても比較的財布に優しい。

デメリット:ソロで使うサイズだと、あまり嵩張らないイメージですが、家族で使うとなると、枚数が必要になるので結構嵩張るイメージ。クッション性は低いので、寝心地はさほどよくはない。

寝心地をよくする為のマット環境改善なので、これだと目的に合わないので、今回は却下

 

 

 

 

②エアーマット


まさにエアーなので、空気をいれて膨らませるタイプのマットになります。

メリット:空気を抜けばコンパクト。寝心地がいい。比較的安価なので家族分揃えても財布に優しい。

デメリット:空気を入れたり抜いたりが面倒。空気をいれる際に口でいれるのは大変なので電動ポンプがないとしんどい。空気が抜けやすい。穴が開いてしまったらゴミと化す。

 

 

我々クラスの重量に耐えうるのか?毎回ヒヤヒヤしながら使わないと行けないので、安眠出来なさそう。
フワフワして気持ちいいので、子供がトランポリンみたいにジャンプして遊びそうという懸念も。その光景を発見したら十中八九、発狂する自信しかないw

 

長く使えない、というイメージがあるし、今回は却下。

 

 

 

 

③インフレータブルマット


①と②を合わせたような、エアーマットにウレタンを合わせることで伸縮性と寝心地を兼ね備えたマットです。
厚みの種類も様々で寝心地も問題ない感じです。

メリット:バルブを開けば自動的に空気が入るので簡単。寝心地もいい。インフレータブルって響きがカッコいい。

デメリット:最終的には自分で膨らませる必要がある。空気を抜くときが面倒。値段も3タイプの中で一番高いので、家族分揃えるとなると、中々に気合を入れる必要がある。エアーマットと同様、バルブが壊れたり穴が開いてしまったらゴミと化す。

 

当初は、この③のインフレータブルマットで探していたのですが・・・

 

 

 

 

嫁はんの思いがけない言葉で、事態は急変する。

 

 

 

インフレータブルも空気漏れが怖いけん、いっそ普通の低反発マットレスにしたら?

 

 

 

という、まさかの

 

 

 

番目の選択肢。

 

 

 

いやいや、嵩張るやろ!!

 

 

 

が第一印象でしたが、いやはや待てよ?
一見、破天荒な発言に思われるが、よくよく考えると。。。

 

 

 

・有り余るハイエースの積載力

・車中泊でも使えるのでは?

・なんなら、家でも来客用とかに使えるやんけ!

 

 

 

ということで、低反発マットレス系で探すことに

 

 

 

 

中でも、ずば抜けて安くてよさげだったのが、こちら。

 

 

 

日本製4つ折りシングルサイズで厚み5cmのマットレスが、2,079円!(税込)※2020年2月28日時

 

 

 

 

送料が900円やけん、3つ買っても7,000円ちょい?
めっちゃ安っ!!

 

 

 

テンション上がって見落としがちですが、こちらの商品は個数×900円の送料が掛かるようで、買い物カゴの合計金額を見て、一瞬固まってしまったんですが、

 

 

 

まぁ、元から安いけん、しゃーない!!

 

 

 

と思って注文していた(お買い物マラソンの残り時間があと数分だったので焦ってたw)のですが、商品が届いてみてビックリ!!!

 

 

 

こんな感じで、袋に圧縮された状態のものが3個口で届いたので、(よく見たら商品説明にものってます)

 

 

 

 

いやいや、ダンボールにいれてくれれば3個口にしなくてもいいし、送料2,700円も取らんでもよいのでは?

 

 

 

 

と思ってしまいますね

 

 

 

まぁ、買ってしまったものは仕方ない。次へ行こう!

 

 

 

ということで、時間がなかったので、到着して数日経ってましたが、バンガローで開封の儀です。

とりあえず、白い袋から引っ張り出します。

 

 

 

 

マトリョーシカ形式で更に茶色の袋を開けると、いよいよお出ましです。

ぺちゃんこですが、時間が解決してくれるでしょう(*´ω`*)
(本当は、圧縮したのがもとに戻るのに1日掛かるので、届いたらすぐに開封しようって書いてたw)

 

 

 

折り畳みの寸法は、こんな感じ。
まぁ、まぁまぁ大きいかな。なんなら、これ×3だからね

 

 

 

 

ファスナーがついているので、外してカバーを洗うのもできそうですね

 

 

 

 

板張りにそのまま敷くと、底冷えする気がしたので、とりあえずコールマンのフォールディングマットを敷いて

 

 

 

 

その上に今回購入したマットを設置。いい感じ

 

 

 

 

拡げた時の寸法がこれなので、上の写真の配列でハイエースをフルフラットした状態に敷くと、車幅188cmなので内寸に対して、192cmだとちと長いけど、両サイドが少し浮く感じになるぐらいで、いい感じに使えそう

 

 

 

 

お犬様もマットレスが気持ちいいのか、( ˘ω˘)スヤァと気持ちよさげに寝てますね(笑)

 

 

 

 

今回買ったマット、寝心地は厚み5cmあるし、普通によかったです

 

 

 

 

1つの折り畳んだ状態でも結構嵩張るので、私達家族の場合は3枚必要なので、バンガロー泊などテントが不要な時なんかは特にいいですね!なんなら、電源サイト利用なら布団圧縮機で圧縮させて持ち運びするのもいいかも?

 

 

 

 

ソロのオートキャンプなら、そんなにスペース的にも負担にならないと思うので、ULキャンプとは無縁ですが
マット選びの選択肢として、ありっちゃーありかな?と思いました

 

 

 

 

▼K助が喋ってる言葉がわからない!という方へ。キャンプ用語をまとめてみました♪

 

 

▼ランキング参加中!目指せブログキャンプマスター!
応援して頂ける方は、クリック頂けると嬉しいです(^^)b

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です