無煙バーベキューグリル「ロウリュ」の邪道的使い方も紹介(笑)

無煙バーベキューグリル「ロウリュ」の邪道的使い方も紹介(笑)

どうも、人並みキャンパーのK助です。

 

 

仕事が忙しすぎてキャンプに行けてないし、なんならブログも更新できていない私

気持ちを整えるべく、4月の肉の日とGWでお友達家族を招いてのBBQにて、ロウリュ使用した際の邪道な使い方をご紹介したいと思います。(オイw)

 

 

無煙バーベキューグリル「ロウリュ」についてはこちらを参照ください。

 

 

 

 

まずは、4月29日、みんな大好き「肉の日」の際の使用レポートです。
この日のラインナップは、こんな感じ

 

 

まずは、ロウリュ調理で大事な炭起こしですね。
最近は、ソトのST-310ちゃんを使って火起こししています。火力が強いので、非常に良いです

 

 

さてさて、準備は整いましたので、早速はじめていきましょう。

 

 

この日の、主賓の方々です (*´ω`*)

 

 

ずっと気になってたお肉屋さんに初めて行ってみたのですが、

 

 

なんと、毎月29日は2割引きという素晴らしい方針のお店さんでした

 

 

こういう、紙に包まれているお肉って、いい肉だぞ感が凄くて最高ですね。
雰囲気って、大事です(笑)

 

 

最近、タレで感動することが多いので、より幸せになる為に極上のタレ探しの旅にも出てます(笑)

 

 

まずは、来賓の方達(焼き鳥、椎茸の肉詰め)へのご挨拶から始めます。

 

 

これがロウリュの魅力です。
マジで、炭火でやってるのに煙が出ません!

 

 

今回、ロウリュで焼き鳥を焼いてみたら、どうなるんだろう?という検証も兼ねてでしたが、

正直、焼き鳥の美味しさを忘れるぐらいに、椎茸の肉詰めが感動的に美味すぎましたw

 

 

ロウリュ使用の際、デメリットを上げるとしたら、

 

 

・1度にグリル調理できる量に限りがある

・一般的なバーベキューグリルのように、各々が好き勝手に焼き進めていけないのでスピード感が遅い

 

 

ことかな、と思います。

 

 

 

なので、いくら華金の夜とはいえ、21時近くの時間帯なので、家族の余裕もありません。
他の来賓の方達を嫁はんがキッチンのフライパンで仕上げて、追撃態勢です(笑)

 

 

私も、お腹が空いてたまらなかったので、スピードアップで、ロウリュの蓋を開けて、炭の上にラージメスティンで蒸し料理する時に使ってる、100均の網を配置して焼いてみました(笑)

 

 

この調理の仕方だと、当然煙が発生してしまい、ロウリュの無煙バーベキューグリルというコンセプトに反した使い方になります。

 

 

ただ、ささっとパリッと焼き目をつけて食べたい時はこれが捗るわけですね。

 

 

 

ちなみに、ロウリュ公式さんに怒られるかな?と少しビビッていましたが・・・

 

 

 

 

公式さんに怒られるどころか、公式さんもこの焼き方をやっててワロタw

 

 

 

使っていると、こういう方法もあるな、と色々試したくなりますからね(笑)

 

 

言うても、バーベキューなんでそんなに形式ばらずに、各々が好きに楽しめばいいんでしょうね

 

 

 

続いて、GWで家にお友達家族を招いてのロウリュ使用です。

前回、ハンバーグをロウリュ調理したいと思っていましたが、嫁はんにフライパンで焼きを入れられていましたので、リベンジです(笑)

 

 

今回の主賓は、こちらの盛り合わせの方ですね。

 

 

他の、来賓の方々はこんな感じです

 

 

とりあえず、子供達が楽しそうに遊んでいる声をBGMに、火起こしから始めます。

 

 

29の日の時は、夜20時以降から始めるのと違って、炭起こしにも余裕を感じます(笑)
この炭のコンディションが、最高にロウリュの力を発揮する感じです。

 

 

さてさて、いよいよロウリュdeハンバーグのはじまりです!!
って、食べれないけど、このビジュアルの時点で美味そうw

 

 

私のロウリュの理想の使い方としては、第一陣はしっかりとグリル調理をしたいものから始める。
その間に、お酒とトークを楽しむ感じですね。

 

 

ちょこちょこ開けながら、うわぁぁぁっ!美味しそう!!ってのをアテに酒を進めていく感じですね(笑)

 

 

 

いやぁ、本当この蓋を開ける時が最高に幸せなんですよね (*´ω`*)

 

 

 

ハンバーグ、フライパンで焼くのも十分美味しいですが、ロウリュでグリル調理は、本当お店クオリティな感じで素晴らしゅうござました

 

 

 

グリルしたいハンバーグさんが絶品すぎたので、皆さんの飢餓モードが発動してしまい、

 

 

となるので、また炭上調理でスピードアップです。

 

 

それでも、スピードが追い付かなかったので、ST-310ちゃんで更に焼きを進めていきます(笑)

 

 

 

このように、何も全てロウリュで完結しなくても、熱源を増やして楽しめばいいし、無煙バーベキューグリルだからといって、煙を出しながら調理してもいいわけですね。

 

 

結局、美味しいは正義。

 

 

これに尽きますね(笑)

 

 

 

あとは、全て調理を終えてお腹が落ち着いたあとの、残り炭の活用として、昼にバーベキューをやる場合は特に、夜用のアテを仕込むことが最高に幸せです。

手羽先、手羽元など、炭火で焼くだけでもめちゃくちゃ美味しいんですが、炭火の場合は中の水分がなくなる感じのイメージですが、ロウリュの場合は外がカリッとで、中はジューシーなので本当に美味しいですよ

 

 

ちなみに、今回は炭上調理は、ラージメスティンで蒸し料理用に使っているダイソーの100円網や、鉄板でしたが、

 

 

ロウリュ公式でオプションアイテムとして、グリル用全面網というアイテムもあるそうです。

ただ、いまは売切れ中で、量産体制に向けて準備中だそうで、こちらも再販が楽しみなアイテムになります

画像引用元:Loyly

 

 

 

今回で、はじめての食材や、はじめての邪道な調理方法など楽しみましたが、色々考えながら試すのは楽しいもんですね。

あなたの、オススメのグリル調理方法や具材あれば、是非是非教えてください

 

 

 

▼K助が書いてるキャンプ用語がわからない!という方は、こちら

無煙バーベキューグリル「ロウリュ」カテゴリの最新記事