ベアボーンズだけじゃない!EVOKEのLEDランタンもオシャレで機能的♪

ベアボーンズだけじゃない!EVOKEのLEDランタンもオシャレで機能的♪

どうも、人並みキャンパーのK助です。

 

 

LEDランタンって、出始めの頃は色が青白いものばかりで、明るさを取るだけならいいけど、ご飯を食べている時に美味しそうに見えないことから、私のブログでも以前から無理矢理オレンジのフィルムを貼って暖色系にする、という力技カスタムもご紹介しておりましたが、

 

 

キャンプブームの恩恵もあり、LEDランタンのオシャレ化がこの数年で劇的に進んだのではないかと思います

 

 

オシャレなLEDランタンといえば、BAREBONES(ベアボーンズ)ですね。

 

 

色んな種類で使いたい用途にあったオシャレなLEDランタンが多数出てるので、かなり有難い時代になりました。

 

 

私も、ベアボーンズでレイルロードランタン、

 

 

3連で大きい2ルームのリビング部分にも大活躍のエジソンストリングライトLEDを愛用しています。

 

 

と、ベアボーンズの回し者のようになってしまっていますが、今回の主役はコチラ。

 

 

EVOKEの3WAY LEDランタンです!
箱に直接ラベルを貼り付けた無骨スタイルですw

 

 

EVOKEは、2021年に事業開始した国内アウトドアブランドのようで、今後も期待できるブランドですね。

 

 

色は現在、ブラックとオリーブの2色でしたが、私はオリーブを購入しました。
メーカー希望小売価格は12,800円ですが、EVOKE公式楽天ショップでの実売価格は2,980円で消費税・送料込みです。

 

 

私が買ったのはブラックフライデーで15%オフでしたので、2,500円ちょっとで購入できたのも、今回ベアボーンズではなく、EVOKEを購入した最大の決め手でした

 

 

レトロで凄くオシャレだし、ベアボーンズでいうと似たところは、エジソンペンダントライトになると思いますが、ボタンが本体にあるのでコードがうじゃうじゃなくてスッキリしているし、操作性も良いですね

 

 

充電は先ほどの反対側で、USBのタイプCになります。

 

 

サイズ感はこんな感じ。

 

 

操作は、電源ボタンを押していくことで明るさが切り替わる簡単操作です。

 

 

明るさは、30~320ルーメンで、黄色の暖色系のみと、白っぽい明るい光が増えていき、どんどん明るくなっていく感じでした。

 

 

一番明るいパターンは、320ルーメンよりも明るく感じるレベルで、正直こんなに明るいのか、と思うレベルで良かったです

 

 

3WAYということで、置く、吊るす、引っかける、で3WAYです。
正直、2と3は一緒でいい気がするので、実質2WAYな気もすると思いましたが、EVOKEに消されそうなので深くは追及しないでおこうと思いますw

 

 

私は置く、の用途はベアボーンズのレイルロードランタンをはじめ、他にもランタンがあるので、

 

 

メイン用途としは「吊るす」になります。

 

 

バッテリー容量は2000mAhで、使用は2時間から30時間ということで、メインランタンではないので、中間くらいの明るさでの使用で1泊のキャンプでも全く問題なく使えました

 

 

私は、調理する時に肉の焼き具合を確認したかったのです(笑)

 

 

初使用がグルキャンだったので、サイト自体が明るかったこともありますが、多分単品でも肉の焼き加減を確認する場合も問題ない明るさで、自分の用途にぴしゃりとハマった、いい買い物だったのではないかと思います

 

 

暗くて、肉の焼き加減がわからなくてお腹を壊す、なんて心配も軽減できますね

 

 

 

 

 

 

▼K助が書いてるキャンプ用語がわからない!という方は、こちら

キャンプアイテムGETだぜ!カテゴリの最新記事