福岡県のWILD SMILEで家族で花見BBQからの父子キャンプ(3/29~30)1日目

福岡県のWILD SMILEで家族で花見BBQからの父子キャンプ(3/29~30)1日目

どうも、人並キャンパーのK助です。

 

 

3月は年度末案件があって日々を忙しく過ごしている中での息抜きキャンプだったので、当日にバタバタと荷物の準備をしていたワケですが、

 

 

Barebones Livingの、レイルロードランタンちゃんを落としてしまい、ホヤが割れちゃいました

 

 

 

正直、一気にキャンプに行く気持ちが失せて、やり場のない怒りをこらえる為に、怒りが静まるまで何もできませんでしたが、

 

 

ホヤだけ買えんもんか、と見ていたら、ホヤだけでも販売していて、社外品なんかもあって種類も結構選べる感じだったので、それはそれで楽しもうと思い、気持ちを切り替えてお出掛けすることに。(初期ロットのものは交換できなかったようです)

 

 

本当は、純粋にソロキャンプで出掛けようと思っていましたが、

 

 

嫁はんと子供達3人と、お友達家族で同じ日に花見に行く予定があって、場所が決まってないということだったので、

 

 

寂しがり屋の親父は、キャンプ場で花見できる場所ならデイキャンで一緒に楽しめるやんけ!と企みます(笑)

 

 

花見キャンプが出来て、近場で、プライベート感がある場所はないもんか?

 

 

と、ワガママな条件で探していたら、このキャンプブームで福岡県内でも、こじんまりした規模のキャンプ場が増えていることに気付きました。

 

 

イメージ的に、キャンプ趣味の方が土地を買い、そこを副業的にキャンプ場経営されてそうなイメージ?

 

 

まぁ、勝手な考えなのでわからないのですが、今回私が利用したのは、太宰府に去年の12月ぐらいに出来た?だったと思いますが、

 

 

WILD SMILEへ行きました!公式HP

 

 

ここは、1組貸切で24時間利用で5,000円になります。

サイト内に桜が1本ある、というのはサイトを見て知っていたのですが、思っていた以上に立派な桜でビックリでした(笑)

 

 

本当は、お友達家族も一緒に、のはずですが、娘ちゃんの部活でオミクロン地獄が起きてしまったので、濃厚接触者縛りで、急遽不参加となってしまいました

 

 

ので急遽、長男のお友達を連れての花見バーベキューからの親父のみ宿泊のソロキャンプ、という変則キャンプの予定で現地へ。

 

 

サイト内のウッドデッキ上に設置されている囲炉裏を使って、バーベキューさせてもらいました。
豚トロの脂で一気に炭火の着火を促すパターンです

 

 

とりあえず、腹が減ったとうるさいキッズ達を黙らせる握り飯軍団。
これのせいで、肉をあまり食べずに大量に肉が余ってしまいましたが

 

 

大の肉好きの私の子供とは思えない程、肉を食べない子供達。
若いくせに、脂が・・・とか、肉が口の中に残る・・・とか、情けないことばかり言うヘタレども。
肉は、こういうペラ肉がいいというシャバ憎どものリクエストにも応える、優しい親父。(自分で言うなw)

 

 

とりあえず、ほぼ4月とはいえ、まだ3月ですが気温は20度超え。
とにかく暑くて、アルコールをいれないと、やってられません(;´Д`)ネ、ホロヨイ?

 

 

とりあえず、この日は29の日ですので、いい肉も仕込んでいきます。

 

 

 

例によって、こういうステーキ肉や結構いい肉でも、「脂が・・・」とか、「肉が口の中に残る・・・」とか、情けないことばかり言うヘタレどもなので、それを配慮してお子ちゃまメニューのハンバーグを用意する優しい親父。

 

 

 

もう、こんだけ暑いと、ビール苦手な私ですが、のどごし最高のビールを飲んじゃいたい気分にもなるってもんです。

 

 

この、主役ビーフさんは、私と嫁はん、お肉を沢山食べてくれて気持ちがいい、長男の親友のT君と3人で美味しくいただきました

 

 

とりあえず、家族は日帰りなのでテントを立てる前にBBQをしています。
サイト内は、焚き火も直火OKで、もともとのセッティングがあるので、テントを張るとなると2張り、ソロ用だと3張りが限界か?という規模感です。

 

 

サイト内にスケボーするところもあるので、スケボー好きにはたまらないですね

 

 

子供達も、ガチで滑るのは怖くてやってなかったですが、普通に滑り降りて楽しんでました

 

 

とにかく、暑くて喉が渇いて仕方ない私w

 

 

キャンプ場内の管理棟というか、小屋の中は基本的に自由に使ってOKとのこと。
お酒や珈琲も自由にどうぞ、という自由さが斬新です(笑)

 

 

ストーブも使っていいですよ、という感じです。
電源も、コードリールあればサイトでも電源使っていいですよという感じです。

 

 

色々と自由に使ってもいいですが、サイト規約にも以下のようにあります。

 

 

施設内の薪、工具、飲食物はご自由にご利用いただけますが、持ち帰るなど必要以上のご利用はお控えください。このサービスを長く続けていくために、備え付けの募金箱にお気持ちによる寄付をいただけると幸いです。

 

 

まぁ、使った分、お金いれておいてくれると嬉しいって感じですね。

 

 

これは、このキャンプ場が長く続くためにも是非、使った分だけでもお金を入れていくようにしましょうね

 

 

ペットも可なので、犬さん達も連れて行きました

 

 

ずっと肉を狙ってたので、豆腐をあげました

 

 

貸切なので、犬さん達もストレスをあまり感じず、気楽に過ごせたようです

 

 

ご飯を食べた後は、敷地内で遊んでいました。

 

 

ここのキャンプ場は、まだ水道を整備中なのか?井戸水が利用できるのですが、不安定ということで、水道から水は出ませんでした。

トイレ内にあるペットボトルの水をタンクにいれて、流す仕組みになっていました。

 

 

家族だけだといいですが、何組かで集まると、井戸水が不安定な時はトイレ問題が深刻になりそうだな、と思いました。

ペットボトルの水も使ったら、補充ですね。

サイト内にバケツが3つあり、水がためてあったので、そちらの水でペットボトルの補充を行いました。

 

 

キャンプ場へ行く前の買い出しの時に、こっそり三男坊ちゃんに買わされていた、パラシュートのおもちゃw

 

 

何回か飛ばしていたら、木に引っかかったけど、親父のジャンプで無事生還。

 

 

4月から高校生コンビは、もっと広い場所で遊びたかったようですが、まぁ楽しんでました(笑)

 

 

ひと段落して、スイーツタイム。
肉ではテンション上がらない息子たちも、お菓子やフルーツだとテンション上がります。

女子やん(笑)

 

 

親父は、こっそり買っていた練乳をつけて、イチゴを一つだけ食べましたが、特にテンション上がらないので、テンションあがる人に食べられたほうがフルーツにとっても幸せだと思いますので、これ以上は控えました。

 

 

18時頃になると「そろそろ帰ろうかな」と嫁はんが言い出したので、テントを設営。
三男坊ちゃんも泊まりたい!となり、マットを持っていなかったのでコットで添い寝出来ないことが不安でしたが、コット2つで寝ることに。

 

 

テントを立てて、ようやくキャンプ気分が出てきました。

持ってきていたスウェーデントーチですが、くさびで割ろうかと。
これもキャンプ場に寄る前に買ったハンマーです。

 

 

ペグ打つハンマーとは違う打撃力で、速攻で割れて気持ち良かったです(笑)

 

 

18時頃になって、もう帰ろう!とずっと言っていた長男ですが、何故か最後に焚き火がやりたい、とおもむろに直火で焚き火をはじめてやがりました。

 

 

自分が帰りたい、の言い出しっぺで皆を帰る雰囲気にしておきながら、焚き火が楽しかったのか、なかなか帰ろうとしない長男(笑)

かわゆい(笑)

 

 

急になんなん、アイツ?と長男にイラつきながらも、夜桜に魅了され珍しく写真を撮っている嫁はんが珍しくて、それを撮る私w

 

 

なんか、全然帰らなくてワロタw

 

 

ちょうど夕焼けのグラデーションがキレイで、写真を撮ってたら、オート設定だったので思った感じに撮れてなかった(笑)

 

 

と思ってたら、なんか本格的に写真撮ってる長男が面白かったみたいで、それをゲラゲラ笑いながらスマホデビューした次男が写真を撮りまくってました(笑)

 

 

満足そうなイケメン、長男氏w

いや、楽しいなら泊まっていってよかとぞ?と聞くと、「いや、帰るよ」と釣れない長男

 

 

急に焚き火に覚醒した長男に続き、写真に覚醒しだす次男。
長男を盗撮しまくってたら、キレられたので標的がヒマリさんへ。

 

 

ゲラゲラ笑いながら撮ってたけど、次男の笑いの壺がよくわからんwww

 

 

色んな盗撮してたけど、自分も写真におさまっていたので、記録に残っていいですね。

 

家族でお出かけしても、基本的に嫁はんは、iPhoneのProシリーズを欲しがるくせに全く写真撮らないので、基本的に自分が写真に残っていることって少ないのですが、こうやって撮ってくれるのはグルキャンだと嘉穂さんぐらいなので、地味に嬉しいものですw

 

 

子供達とお犬様だけで写真

 

 

結局、焚き火をある程度楽しんで、19時過ぎに帰っていきました(笑)

 

 

急に静かになりましたが、夜桜が凄くいい感じです

 

 

急に静かになって寂しくなったのか、三男坊ちゃんがセンチメンタルな表情になってたので、ソロになったら夜にswitchしようと思って持ってきたので、switchを貸与しました。

 

 

親父は、焚き火を楽しみます

 

 

気温は、12度くらいでしたが、もっと寒く感じるぐらい肌寒かったので、こんな時は熱燗です

 

 

面倒だったので、弱火で瓶のまま燗づけ
しかし、ロケーション最高すぎでしょう

 

 

酒を飲み始めると、あまり食べなくていいことや、暑いの苦手なので、昼で体調崩してあまり食欲なかったこともあるのですが、

 

 

トイレのペットボトル用の水も限界があるので、夜ご飯は食べずに我慢しました。
なんか、フィクサーキャンプ場でのキャンプに続き、トイレ大事!を再認識しましたw

 

 

気になりだすと、腹が痛くなってきましたが、甘えてきまくりの三男坊ちゃんに癒されまくりです

 

 

弱火過ぎて熱燗がなかなか温まらなかったので、シェラカップで簡単に熱燗を楽しむ方法って知ってる?的に温めて、酔いが進んでたのか何も考えずに口につけた瞬間に、クソ熱くて一気に酔いが覚めましたw

 

 

割れたレイルロードランタンちゃんですが、頑張って仕事してくれています(笑)

 

 

こんな最高なシチュエーションで、長く焚き火を楽しみたかったのですが、22時頃になると、三男坊ちゃんが「眠たい・・・」と。
そうよね、普通なら寝てる時間よね

 

 

小屋に冷蔵庫やレンジあるの、マジで便利です。
昼間は夏かと思うくらい暑くて、クーラーボックス内の保冷材も機能が落ちてたので、食材を冷蔵庫で冷やしながら、保冷剤を冷凍庫にいれさせてもらいました

 

 

とりあえず、この薪が落ち着くまで焚き火を楽しませてね、と三男坊ちゃんにお願いしたところ、

 

 

うん!これ燃やしていい?と小枝や葉っぱを拾ってきてくれて、楽しくなってきて焚き火に覚醒しだす三男坊ちゃん(笑)

 

 

日本酒もあき、焚き火も熾火で落ち着いたところで、幕内にはいり、二人とも即寝でした(笑)

 

 

三男坊ちゃん、ママもお兄ちゃん達も帰って、寂しくなかったかな?と思いましたが、

 

 

今まで行ったキャンプ場で一番楽しかった!パパ大好き!!

 

 

と目頭が熱くなる言葉をもらって、パパも嬉しくなりました

 

 

2日目に続く

 

 

 

▼K助が書いてるキャンプ用語がわからない!という方は、こちら

父子キャンプ日記カテゴリの最新記事